FC2ブログ

FC2カウンター


プロフィール

Yuuki Yoshida

Author:Yuuki Yoshida
♪吉田有希♪

祖父は紫綬褒章、舞踊芸術賞を受賞の藤間秀斉、
父は元ジャズ・ヴォーカリストで、
日本ビクター音産のジャズ部門プロデューサー ビリー吉田の
長女として東京港区に生まれる。

3歳からバレエを18年、5歳からピアノを12年間習う。

高校卒業後、村上京子にジャズ・ヴォーカルを師事。

1993年よりTHE SHINY STOCKINGSへ加入と同時に、
ソロ・ヴォーカルとしてもライヴ活動を開始。

2003年よりVocal School【ZERO】を主宰し、
教育を通じての活動も行いる。
日本音楽指導員認定協会会員。

2005年12月をもって同グループを脱退。

2008年には、ファーストアルバム 【glatitude】 を発売。

しかし翌2009年より体調を崩し、
その後数年間、ライヴ活動を休止。

その間、死の宣告を数回され、
2度の開腹手術を受けるも、奇跡的に回復。

2013年より、主宰する【ZERO】の他、
吉祥寺・三鷹のカルチャースクール
Jazz Timeにて、講師も務める。

2015年5月より約7年間のブランクを経て、
ライヴ活動を再始動。

現在、都内近郊のライヴハウスを中心に、
様々な編成で活動中。

スタンダードジャズや映画音楽を中心に、
ボサノバ ・ ポップス ・ ラテン ・ J-ポップ等、
レパートリーも幅広い。

自然体でソフトなフィーリング、
スモーキーなハスキー・ヴォイスで唄うヴォーカリストである。

♪Official Web Site♪

【主な活動スポット】
上野 『Aries』 ・ 本郷/水道橋 『東京倶楽部』 ・ 大久保 『Boozy Muse』 他
______________________

☆ 2008年10月25日にFirst Album【glatitude】(3,000税込)が発売されました!!!☆

●○● 収録曲 ●○●

1)Nice Work If You Can Get It
2)恋人も濡れる街角
3)But Not For Me
4)One Note Samba
5)Stompin' At The Savoy
6)Sweet Memories
7)Ain't Misbehavin'
8)Old Devil Moon

↑YouTubeで試聴できます!曲名をクリック!


≪サポートメンバー≫

Sound Director/G/Arr/Cho)吉原寛治 Pf/Arr)岩谷泰行 W.Bass)高尾幸宏
E.Bass)山口良夫 Ds)日高弘 Key)清水ゆかり
Cho)吉田夏希

◆◇◆ CDご購入方法 ◆◇◆

※メールにて承ります。

●メールのタイトルに 『CD購入希望』と、お書き添えの上、
お名前/ご郵送先ご住所/ご希望枚数 も併せてご明記いただき、
officezero55@gmail.com までご注文くださいませ。


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


みなさま、こんばんは〜🖐
まだまだ気温差激しき日々ではありますが
お昼間は爽やかな風を感じられ
心地良き季節になりつつありますね…☘️


さて、毎度お礼&レポートが遅くなり
スンマヘン…🙇💦


改めまして…
過日5/1のLiveへお越し頂いたお客様
そして初共演のピアニスト 中嶋錠二さん
本当にありがとうございました!m(_ _)m


この日、午前中は前日までの予報を覆し、快晴だったもので
選曲も雨ナンバー予定から急遽変更、、、


ところが…
午後から時間を追うごとに
雲行きが怪しくなり
結局は雨、、、何なんじゃーいっ!💢


んで、またまた選曲変更…
ってアタシお天気に振り回されっぱなし、、、
どうせなら、好きなヒトに振り回されたいわ…😝


とまぁクダラヌことを言ってないで
そろそろ本題に入りますね…😅


1st.の1曲目は
中嶋さんのピアノソロからスタート!


中嶋さんの雰囲気同様
飄々と力の抜けた感じでポロポロ弾き始め…

令和な中嶋さん 

それが暫く続いていたら
スーッと、あの曲が始まりました。


Whisper Not


本編に入っても飄々とした感は変わらないのだけど
この感じ、何かに似てるなぁと…


そうだ…落語だ…
それも年季の入った落語家が
メインの小噺に入る前にやる枕のような感じ。


出るトコ、抜くトコ、
重厚感と軽快さに安心感があって
そのバランスが絶妙だった。


そんなことを思っている間に
アタシの出番…笑


急遽入れ込んだ
Pennies From Heavenから…


初共演の1曲目から
掛け合いなんて早いかな?とも思ったけど
やってみたら、やっぱり楽しかった!😆

令和Live中嶋さんとアタシ 

お次のナンバーは、GWも意識して
飛行機でリオ・デ・ジャネイロまで会いに行く
という Song of The Jet を…


その次は多分1年ぶりじゃないかな?
久々に唄った Rose Tattoo 。


バラが咲き始めると、
レパートリーにしていたことを思い出すという、、、


中嶋さんのピアノが
ドラマティックで素敵だったなぁ〜


その次は、
On The Street Where You Live 。
コレは、今回特にやりたかった一曲。


というのも数年前、
私が身体的にも精神的にも
一番辛くて苦しかった時期に、
私の練習を中嶋さんに
お付き合い頂いたことが何回かあり、
その音源を元に、この曲を練習していたので、
練習ではなく、Liveでやりたかったのです。

何だか「感無量」という言葉が
ピッタリな気持ちになりました。


それから、コレもやりました。
Wives & Lovers 。


この曲は、様々な方と演ってきたので
どんな感じになるのか?楽しみな一曲でもありましたが、
やはり中嶋さんとのコレも美しく、
鮮やかな雰囲気になりました。


その次に唄ったのは
この日どうしても唄いたかった一曲、
What A Wonderful World 。


正直、もう少し訓練してから
出したい気持ちもあったけど、
この令和初日だからこそ唄っておきたい!
という私なりのメッセージがあり、
この曲を選びました。


唄っている途中からお客様が涙されており、
確かに今の私は拙い所ばかりだけれど、
何かしらは伝わっていたのかも、と…


なので、
結果的には
唄えて良かったと思いました。


1st. 最後の曲は、
左手が安定している中嶋さんなら
ピアノ一本でもイケるのでは…?と思い、
選んだナンバーでRoute 66!


4beatでは演らず、ベースパターンが重要なので、
普段ならベーシストが入る時しか演らないのですが、
さすが中嶋さんです!
まさに No Problem!ってな感じで
楽しく唄えました。


2nd. の1曲目も
中嶋さんのソロピアノで
Ladies in Mercedes 。


1st. でソロを弾かれた時にも感じたけれど、
音の強弱に関わらず、一音一音スコーンっと射貫くような
繊細且つ、力強いタッチで弾かれ、
クリアーで美しい音だなと…
この曲でも、そんなことを感じたナンバー。


そこへワタクシ登場〜!😅
You Took Advantage Of Meで、
掛け合いも演りつつスタート!☝️


お次は、ワタクシのアルバムの中から
Ain't Misbehavin を…


このテンポとかニュアンスって
中嶋さんお上手なのでは…?
と思い、
チョイスしてみたら
やっぱり👏👏👏な感じでした〜


その次は、雨にちなんで
I' ll Wait For You を…


この曲に限らず、
まだまだ色々改善しなくては
いけない点があるけれど、
久々に今回のLiveの為にコレを練習してみたら
筋力がだいぶ定着してきたからか、
前よりも支えが効き、ブレスコントロール含め、
唄いやすくなっていたので、
もっと歌心を乗せるべく、
この曲をキッカケに声のボリュームに
変化を付けてみることにしました。


そのことにより、
発声のバランスが崩れてしまう箇所も
今は出てしまうこともあるから、
そこが今後、近々の課題かなと…


って、昔は当たり前のようにやれていたし、
ボリュームに限らず、
かなり色々な音色も出していたから
これはほんの僅かな一歩でしかないけれど…


でも、前に進めたことには変わりないので
自分を信じて練習を重ねていくしかない、
と改めて思っています。


そして、その次に唄ったのは…
When You Wish Upon A Star 。


コレも令和になったからこそ
唄っておきたかったナンバー。


お次は、1st. のOn The Street〜と同様で、
中嶋さんと練習ではなく、
Liveで演りたかったナンバー。


その次は、まぁ別に内容的には
令和と絡めるほどではないけど、
タイトルからしてイイ感じでしょ?
ってなことでチョイスしました〜😅


最後はワタクシの closing theme
Sleepy Time Gal でオヤスミナサ〜イ🎶

中嶋さんと私Live後 

とまぁ長々と連ねてみましたが、
やはり新しい元号『令和』初日Live
ということや、
初共演の中嶋さん、ということも重なり、
また2008年以降からの7〜8年間が
人生の中で最も辛い時期だったので、
令和初日の朝、鏡に映った自分を見て
正直、ウルッと来てしまいました。


それは、辛かった記憶に対しての涙ではなく、
あの頃まったく想像していなかった幸せな今の自分に
驚き、感激したのです。


音楽とは『音を楽しむ』と書きますよね。


本当に僅かながらではありますが、
日々、元の声の状態に近付いてきています。


もう完全に戻らなかったとしても
戻らないことに焦ったり嘆くのではなく、
今日の自分、今の自分を受け入れつつ、
少しでも戻るよう訓練を積み、その変化をも楽しみながら、
令和時代は朗らかな気持ちで
音楽に向き合っていきたいと
今はそう思っています…


変化するワタクシを
これからも応援して頂けたら嬉しいです。
改めまして、
どうぞ宜しくお願い致します!♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪


さてさて、
お次のLiveはと申しますと〜…
中々スケジュールが合わず、
ようやく久々に集結です!
この機会、お聴き逃しなく!!!

2019年5月16日@本郷 ファルセッターズ_convert_20190508233951 



■ SET LIST ■

<1st.>
1.Whisper Not (piano solo)
2.Pennies From Heaven
3.Song Of The Jet
4.Rose Tattoo
5.On The Street Where You Live
6.Wives & Lovers
7. What A Wonderful World
8.Route 66!

<2nd.>
1.Ladies in Mercedes (piano solo)
2.You Took Advantage Of Me
3.Ain't Misbehavin
4.I'll Wait For You
5.When You Wish Upon A Star
6.My Funny Valentine
7.' S Wonderful
8.Sleepy Time Gal


vo)Yuuki Yoshida pf)George Nakajima



テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

皆さま、こんばんは。



徐々に暖かくなり、春爛漫か… 
いや、一気に初夏到来か⁈
と思いきや、
昨日から冬に逆戻りで、
仕舞っていたストーブを再び出し、 
文字を打っているワタクシです。。。💧



さて、更新&お礼が、だいーぶ遅くなり、
スンマシェーン…🙇💦 

実は、生徒のpick up Live
というミニイベント準備に、

予想外にも手こずってしまい、
中々更新する時間が取れず、、、💧



とチョイ言い訳したところで、
本題入りまぁーす!😅



さて、改めまして、
過日お越し頂いたお客様、

そして、ピアノの村山俊哉さん、
本当にありがとうございました!(^○^)




今回で3回目の共演となり、
村山さんの凄さ、素晴らしさは解っていたのですが、
とにかく集中力が尋常じゃなく、
初回に感じた時と同じく、
今回もその集中力に圧倒されました。


1セット目の1曲目は、村山さんのソロによる
Autumn Leaves〜枯葉 からスタート!

ハラハラと葉が
次々に落ちる様を見ているような…
中盤では、強風で葉が散らぬよう
抗っているような激しさで…


自然の成り行き、或いは摂理とはいえ、
命の儚さを感じたplayでした。

20190417195148.jpg 


2曲目からは
ワタクシが加わったサウンドで…

IMG_9878.jpg 

そして3曲目では、ルイズ・ボンファ作の
The Gentle Rainを演ったのですが、
そのmcで、ルイズ・ボンファの顔の話になり、
村山さんが…
「顔、知らない。見たいなぁ〜」
と仰っていたので、ハイっ、これ!

ルイズ 


このお方が、
かのルイズ・ボンファ様です…笑

何を話したかは…
Liveにいらした方とワタクシとの
ヒ・ミ・ツ!😙



それからー…
5曲目の I Wish You Love では、
verse(序章部分)を終え、
chorus(本編部分)に入ると、
村山さんの刻むリズムと私のリズムに
一体感を覚えながら唄え、
気持ち良かったなぁ〜😌

IMG_9879.jpg 

1セット目最後の
You Took Advantage Of Me では
村山さんとの掛け合いが楽しかった!😃

IMG_9896.jpg 

2セット目も1曲目は
村山さんのソロからスタート!

タイトルは「再会」という曲で、
3〜4年ほど前に書かれた村山さんのオリジナルだそう。

そもそも再会の設定が、
どのような関係性なのかまでは
聞けなかったけれど、
村山さん対どなたかの再会で、
少し切なくなる思い出の方なのか?

それとも
もう会うこともないであろう方への
切ない想いに馳せているのか?
とplayを聴きながら勝手な想像、いや妄想が湧き…

村山さんソロ白黒190417 

中盤で激しくなった時には、
自問自答している気持ちの揺れにも感じた作品でした。


2曲目からは、またワタクシが加わり、
数年ぶりに唄った April Showers を…



何せ、ここ数年は
上咽頭炎+花粉症のダブルだった為、
この時期 Liveは休止していたもので、
お蔵出し出来て良かったなと…


5曲目の Moshi Moshi では
元々は3.11の際に日本へ向けて
マルコス・ヴァーリからの励ましsong だけど、
熊本地震から3年が経過したところだったので、
彼のメッセージも添えた上、
唄うことにしました。


3セット目では、
先月、十数年ぶりにお蔵出しした
More Than You Know

当然ながら、伴奏者が変われば

introのアプローチだって違うワケで、
まぁこの曲に限らずだけど、
でも、まだ唄った回数が少ない分、
新鮮さと発見が沢山あり
まるで違う曲を唄っているような…
そんな気持ちになりました。


最後は、closing theme の
Sleepy Time gal を唄い終え、
これで終わりかと思いきや、
有り難いことに、アンコールを頂き、
本当に嬉しかったです!😭😭😭



IMG_9897_convert_20190423233213.jpg 

まだまだ今の身体に苦戦中な分、
今後の大きな励みにもなります。

いらして頂いたお客様、

ありがとうございました!(^∇^)


とまぁ長々書いてみましたが、
今回のルイズ・ボンファの件も然り、
Liveでしか味わえない楽しみの一つなんです。

Liveに来てこそ、ハプニングも含め、
演者とお客様だけしか解り得ない面白さであり、
特別な時間、そして共有空間なのです!(キッパリ)

今回来られなかった方、
フフフッ…
ざ〜んね〜んで〜すねぇ〜😝

終わってホッ2 

でもまた、どこかのタイミングで
村山さんとはご一緒したいと思ってます。
どうぞ、お楽しみに〜🎶



では最後に、
お次のLiveの宣伝をば…

2019年5月1日@本郷 中嶋さん_convert_20190427215939 

令和初日に初共演のLiveです!
オメデタイこと間違いナシ! 
みんなでワイワイやりましょう!✊


■ SET LIST ■
<1st.>
1.Autumn Leaves (piano solo)
2.Love
3.The Gentle Rain 
4.Skylark
5.I Wish You Love
6.You Took Advantage Of Me

<2nd.>
1.再会 (piano solo) 
2.April Showers 
3.The Shadow Of Your Smile
4.Wives & Lovers
5.Moshi Moshi
6.Tea For Two

<3rd.>
1.Give Me The Simple Life 
2.More Than You Know
3.Charade
4.How Insensitive
5.Sleepy Time Gal

*Pennies From Heaven ・・・(encore)


vo)Yuuki Yoshida pf)Toshiya Murayama


テーマ : 報告・レポート - ジャンル : 日記

tag : #Live #ライブ #jazz #ジャズ #bossanova #ボサノバ #vocal #ヴォーカル #ボーカル #music

皆さま、こんばんは。
4月になりましたね…

今年はお花見をする暇がなく、
歩きながら写メして

中井桜 

ニンマリってな感じで

中井桜2  

ミニ花見状態を楽しんでいる日々です…


さて、先週末(3/30)のLiveへお越し頂きました方々、
またミュージシャンの皆さま、
ありがとうございました!!!(*´∀`人 ♪


この日は、冷え込みも厳しく、
そしてLive開始前には、
冷たい雨が降りしきる一夜で、
お客様も少なかったのですが、
肝心のLiveは、というと…


全体的にはシックでソフトなサウンドを互いに持ち寄り、
皆で同じ方向へ向かえた瞬間が幾つもあった
濃密な一夜となりました…♡


個人的なことで言えば、
今までLiveを再開してみたものの、
自分の中で中々合格点をあげられない…
の連続でしたが、今回ようやく、
合格点をクリアー出来たなと思えたLiveでした…


お客様からはお帰りになられる際、
『勿体ないですよね。もっと沢山の方に聴いてもらえたら良かったのに…』
と今後の自信へ繋がる嬉しきお言葉も頂けました。


ちょっと余談になってしまいますが…

以前、とあるお客様との会話の流れで
『〇〇さん(お客様)にとって特別な日って、どんな日なんですか?』
とお伺いしたところ
『Liveを聴きに来る日かなぁ~?』
と…


その時、改めて思ったんです。

こんな私でも、特別な日と思って
聴きにいらして下さるって、
本当にありがたいなぁ…。

もっと喜んで、楽しんでお帰り頂けるような
そんなLiveにしなくちゃダメだなぁ…
と。。。


いや、そんなことは当然、解っていたんですよ。
でもね、もっと肝に銘じなくちゃいけないなと…


そんな思いも抱きつつ、今回のLiveでは、
今まで感じていた問題点が、
1月と2月のLiveをやったことで、
より具体的な対処策が見付かり、
それがどのくらい身に付いたか?を確認するLiveでした。


先にも記述した通り、合格点云々…
というのは、
今まで中々自分が出したいピッチ(音程)だったり、
リズムのアプローチだったり、スピードだったり、
が以前のようにコントロールが出来なくて、
細かいことを言えば、
たった一音唄い出すだけでも、
以前とタイミングが全く違っていたので、
どうしても、その他のことが空回っているような感覚でした。


でも、長い時間は掛かってしまったけれど、
お腹のあらゆる筋力が定着してきて、
数ヶ月前からは口回りの筋力、
それに伴い、声帯周辺の筋力も
かなり戻ってきたことで、
唄い出しのタイミングから始まり、
ピッチやスピードなど、
あらゆることが自分でコントロール出来るようになってきたのです。


とは言え、まだクリアー出来ていない部分もあるので、
ソレは、引き続きの課題ではあるのですが、、、


徐々に調子が上がってきたもので、
今回のLiveでは、色々なことに挑戦してみました。


例えば…

春になったら唄おう!
と、ずっと練習していた
The Shadow Of Your Smile
が解禁できて良かったし…

久々に唄ってみたPennies From Heaven、
Almost Like Being  in Love、 Skylark、Dindi、

特にDindiは、お腹の筋力をつけたり、
一音一音の唄い出しの改良点で大きなヒントになったり、
と凄く役立った曲だったので、
以前よりも唄いやすい自分をLiveで確認できたり、

20190330203724.jpg 

何より、その曲のverse(序章部分)を唄っていた際、
外谷さんのピアノに、
途中から宮野さんのフルートが薄ーく重なった瞬間、
弦楽器も入ったオーケストラで唄っているような感覚になり、
深くて美しかったなぁ~


それから…

1月のLiveで特に悔しい思いをした
LoveやYou Took Advantage Of Me、
I Wish You Love、なんかは
今回唄い直すことで上書き保存が如く、
ブラッシュアップさせた結果を残して、
次への自信に繋げたいたい!
との思いで選曲してみて、
結果ちゃんと練習の成果を出せたし…

あとはー…

むかーし1回Liveで唄っただけ、
というお蔵出しナンバーの
Quiet Now、More Than You Know
が唄えたのも嬉しかったなぁ…+゚。*(*´∀`*)*。゚+


1セット目が始まって
Star Fell On Alabamaを
トリオでのインストを聴いていたら、

20190330203032.jpg 

そもそも『このトリオにしよう!』
って思いついた時のことを思い出して、
前回このメンバーで演った際も
もちろん楽しかったけど、
何だか楽しみ感が違っていたのを感じた。

何ていうか…
前回よりも、もっとトリオのサウンドに
グイっと深く飛び込める自分になれる気がしたのかも…?!

IMG_9783.jpg 

でも、
もーーーっとdeepに潜り込みたーーーい!!!
♪───O(≧∇≦)O────♪


だって、The Gentle Rain では、
ギターの栗山さんとピアノの外谷さんが

20190330203117.jpg 

20190330203103.jpg 

3コーラス目から
まるで雨露がポタリと落ちるような
そんなサウンドだったし、

More Than You Knowでは
歌詞とは関係ないけど、
川面がキラキラしている美しい夕景が見えたし…

20190330203843.jpg 


次回、このメンバーでの出演予定は
まだ決まっていないけれど、
また何処かのタイミングで、
再集結したい!と強く思ったLiveでした。

20190330アタシ一人 



さて、お次のLiveも
スンバラスィ~方との共演!!!

ピアノの村山俊哉さんとのduoでーす!!!
キャーーー!!!ヽ(≧∀≦)ノ

2019年4月17日@本郷 村山さんと_convert_20190402234340 


既にご予約も開始しております。
東京倶楽部】← ココをクリック

ぜひ村山さんの大胆で超繊細なピアノを聴きに、
あっ!ついでにワタクシの歌も聴きに(笑)
いらして下さいマセマセ!
お待ちしております!!!


■ SET LIST ■
<1st.>
1.Star Fell On Alabama (instrumental)
2.You Took Advantage Of Me
3.I Wish You Love
4.Pennies From Heaven
5.Skylark
6.The Gentle Rain
7.Quiet Now
8.Almost Like Being  in Love

<2nd.>
1.I Remember You (instrumental) 
2.Love 
3.The Shadow Of Your Smile
4.More Than You Know
5.Charade
6.Dindi 
7.Give Me The Simple Life
8.Sleepy Time Gal


vo)Yuuki Yoshida as/fl)Yuushi Miyano pf)Toh Toya g)Ryosuke Kuriyama




tag : #Live #ライブ #jazz #ジャズ #bossanova #ボサノバ #vocal #ヴォーカル #ボーカル #music

皆さま、おはようございます!

お礼が大変遅くなりましたが、
過日(2/10)、お寒い中をお越し頂きましたお客様、
そしてギター&ヴォーカルの吉原寛治さん、
ピアノの小谷教夫さん、
本当にありがとうございました!!!(^∇^)ノ

今回は "少し早めのヴァレンタイン" というテーマのもと、
happyなラヴソングだけでなく、
悲しい、または哀しいLove song
を中心に選曲してみました。

それと個人的には、
前回、吉祥寺でのLiveの際(メンバーは違いますが…)、
その前までの練習では出来ていても、
本番で殆ど出来なかったことが非常に悔しく、
今回は何としてでもクリアーし、
気持ちの上での、謂わば " 句読点 " を付け、
次なる目標に向かいたかったので、
大袈裟に言えば、チョットしたリベンジ
といった気持ちで臨んだ一夜でした。

吉原さん&小谷さん&アタシ 

結論から先に言ってしまうと、
そうだなぁ…まぁ…
目標の半分くらいは出来たかなと、、、

アタシ 20190210 

脱皮ではないけれど、
例え半分であってもクリアー出来たので、
気持ちもスッキリするし、
それまでの練習に対して、若干の自信も湧き、
次なるLiveへ向け、
今回の悔しさも奮起材料になれそうな感じです。

さて、今回のメンバーである
吉原さん&小谷さんですが…

吉原さん&小谷さん インスト2 

いざ演ってみると、
これが予想以上に良くて、
どう良いのか?というのを
ワタクシの拙い言葉で説明するのが難しいのですが、
解りやすくいえば、フィット感の良さというのか…

サウンドの馴染み具合が心地良く、
吉原さんの渋さと

大 吉原さんソロ_convert_20190217075136 

小谷さんの気品

小谷さんソロ 

そのバランスが丁度いい感じというのかなぁ…
まぁとにかく良かったのですよ!(何だ、その雑な表現…笑)

リハが終わった時点で、小谷さんが吉原さんに対し、
『凄く演りやすい』 と仰っていらしたし、
帰りは吉原さんと途中まで一緒に帰ったのですが、
吉原さんも直ぐさま 『イイ感じだったね』 と…

吉原さん&小谷さん インスト 

また何処かのタイミングで、
このお二方の組み合わせで演りますよ!
それまで、ワタクシは少しでも研鑽を積まねば…

アタシ&吉原さん&小谷さん バストアップ 

う~ん…イイ感じだね!

アタシ&吉原さん&小谷さん 全身 

次のLiveまで、少し間が空くので、
新曲を仕込んだり、
中々出せないでいる曲を練習したり、
全体的にも精度を上げられるように
していきたいと思っております。

というワケで、お次のLiveは…

2019年3月30日@本郷 宮野、外谷、栗山_convert_20190217075308  

詳細は、また後日アップ致しますが、
既にご予約も開始しております。
東京倶楽部 本郷店← クリックするとHPに飛べます

今回同様、ピアノもギターも入っておりますが、
メンバーも違いますし、
アルトサックス&フルートも加わるので、
また違ったサウンドがお楽しみ頂けます。

アタシ、宮野さん、外谷さん、栗山さん、宣材画像_convert_20190217075351 

皆さまゼシゼシ、お越し下さいませ!


■ SET LIST ■
<1st.>
1.Born To Be Blue (instrumental)
2.Love
3.skylark
4.Corcovado
5.But Not For Me
6.So Danco samba
7.Ain't Misbehavin'
8.Alright, Okay, You Win!

<2nd.>
1.Here's That Rainy Day (instrumental) 
2.On The Street Where You Live 
3.My Funny Valentine
4.I Wish You Love
5.Nice Work If You Can Get It
6.How Insensitive 
7.Give Me The Simple Life
8.Sleepy Time Gal


vo)Yuuki Yoshida  g/vo)Hiroharu Yoshihara  pf)Norio Kotani



tag : #Live #ライブ #jazz #ジャズ #bossanova #ボサノバ #vocal #ヴォーカル #ボーカル #music

皆様、こんばんは。
更新が大変遅くなりまして、
誠に申し訳ございません…

いや~今回は参っちまいました、、、
一つ前の投稿には記しましたが、
け、け、け、ケータイが壊れまして、、、( ノД`)

しかもタイミング悪く、木曜日の深夜に壊れ、
金曜日に新しいのを買ったのに、
元のケータイがパスコードすら打てないことが原因で、
PCにバックアップが取れず、、、

結局、土曜日にPC業者に出してぇ~の、週またぎぃ~ので、
月曜日の朝から業者さんに行ったけれど、
コレが業者さんも手こずるデータ移行作業で、
全然持ち帰れず、ようやく手元にケータイが戻ったのが
何と夕方というね。。。(。>(ェ)<。)エエェェェ

しかもその日は、
生徒のレッスンや体験レッスンまで入っていて、
終わってから更新する体力が無く、
その上、数日前から妹はインフルになるわ、
母は肺炎になるわ、アッチに行きコッチに行きで、
アタシャてんやわんや状態…。゚(゚´Д`゚)゚。

まぁそんなワケで、長々言い訳なんぞしてしまいましたが、
ようやく今日、時間と体力を確保ってな感じです…。

えーっと…
さてさて、本題に入りますが…

改めまして、過日(1/22)行いましたLiveへお越し頂いた方々、
またピアノの外谷東さん、ベースの菅原正宣さん、ドラムの岡田朋之さん、

外谷さん、菅原さん、岡田さん本番 

そして今回のブッキングをして下さった井田さん、
それからMEGの柳本オーナーご夫妻、
本当にありがとうございました!!!(*´∀`人 ♪

この日のLiveは元々、ベースは山口裕之さんでしたが、
今月初旬に、諸事情により急遽ご出演できない事態となり、
それ~!ってぇ~んで、
代わりのベーシストを探すことから始まりました。

想定外なことが起こると、
『楽観的に物事を捉えよう!』と思いつつも、
ついついネガティヴになりがち、、、

それでも
『気持ちがグラグラしていちゃ何も生まれない!
もしかしたら、いい出逢いがあるかもしれないんだし…』
と気持ちを切り替え、
『努めて冷静に…!』を念頭に
この事態に対処してみたら、
やはり物事は、いい方向に転がるものですね…

結果的に今回、
15年以上ぶりに菅原さんとの共演となったのですが、

大 アタシと菅原さん_convert_20190131231003 

まず久々にお電話でお話させて頂いた瞬間、
『あぁ…大丈夫だ!何か上手くいきそう』
と何の根拠もないけれど(無いんかいっ!笑)
何か閃くものを感じました。

とはいえ今回、初めてのLive会場だった為、
マイクの音色や、ワタクシにとっては初の組み合わせ、
そこに自分の声を重ねた全体のサウンドは…
と何度想像を巡らせてみても、
どれ一つとして全く判らない空間。。。

それらに向けて選曲も含め、
本番のサウンドを想定しての練習は
あまりにも掴みどころが無いがため、
致し方なく、強引なまでの妄想?!を作り出し、
それを前提に練習を重ねるしかありませんでした。

そんな流れもあり、ワタクシにしては珍しく?!
前日の夕方ころからピタッと食欲がなくなり、
それまで意識していなかったのに、
『あれ?アタシもしかして、緊張してきた…?』
って思ったほど、冷静さを保っていたつもりでも、
やはりノミの心臓はウソがつけなかったようで…笑

そして一夜明け、Live当日は快晴!

上咽頭炎を患っている者としては、
雨でも自律神経の乱れに左右され、
頭痛やら倦怠感が増すし、
冬晴れは超乾燥だから、声帯の動きが鈍くなるし、
どっちにしろ何かしら問題があるわけですが、
でもやっぱり快晴は気分が上がる!

『今日はきっとイイLiveになる!』
鏡に映った自分に、そう言い聞かせて家を出ました。

お店は吉祥寺の駅を出ると、
歩いて3分ほどの判りやすい所。

ビルの2階へ上がると、
これまたこんな感じで判りやすい。

大 MEG入り口_convert_20190131230557 

階段を上がったところで
オーナーの柳本さんの奥様とご挨拶させて頂き、
(優しそうな方で良かった~と内心ホッ…)

そして扉を開けると、オーナーの柳本さんが
これまた優しそうな笑顔で迎えて下さいました。
(あっ、2ショット写メ撮り忘れた…)

そして店内は、こんな感じ…

MEG店内 

ちなみに…
ワタクシは音響機材のことは詳しくないので、
ココで語ることは出来ませんが、
その世界に詳しい方ならば、
何じゃこりゃ!っと引っ繰り返りそうな
凄いシステムなんだそうです。

そんな環境のもと、いよいよリハが始まり、
まずは今回初お披露目の
Sleepy Time Gal を使ってサウンドチェックをば…

楽譜 

音が出るまでは、正直やっぱり怖かったけど、
イントロを聴いた時点で、
『あっ、やっぱり大丈夫だ』
と…。

そして本番…🎶

当日、残念ながらキャンセルが数人出たものの、
それでもお陰様で、ほぼ満員御礼!な状態。

改めまして皆様、お寒い中を駆けつけて頂き、
本当にありがとうございました!!!
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ワタクシのMCを聞きながら、
何かメモまで取られる方や、
ニコニコしながら聴かれる方、
目を瞑りながらサウンドに耳を傾けつつ
身体を揺らしながら聴いていらっしゃる方、
時折カメラを向けてシャッターを切られる方…
と様々お楽しみ頂いている様子を拝見しながら、
最後まで比較的、落ち着いて、
また集中して唄うことが出来たように思います。

アタシとヒョッコリ菅原さん 


菅原さん、ヒョッコリ顔出してるみたいで
チョット笑ってしもた…

大 外谷さん、菅原さん、岡田さん、アタシ_convert_20190131230759 


大 アタシと外谷さんと菅原さん2_convert_20190131230724 

これまた ちなみに、
この日の衣装のスカートと帽子も
この日が初お披露目。

実はお店のHPで、店内の様子を画像で拝見した際、
『ちょっとレトロな雰囲気の衣装にしてみようかなぁ~』
と思っていた頃、
偶然に入ったお店で、このスカートを見付け、
『レトロでpopな感じになるかも!』
と即購入したのですが、
当日会場で着てみたら、
何だか年甲斐もなくハシャギ過ぎ? 張り切りすぎ?
みたいなほどスカートのボリュームが意外とあり…笑

すかーと 

帽子自体は、かれこれ20年以上前からの愛用品で、
宣材写真の一枚には、
この帽子もチラ見させているものもあるくらい
お気に入りの帽子です。

茶色の帽子 

あとは萌黄色の手袋をしています。
画像では色が変わっちゃっていますが、、、

アタシと外谷さんの背中 

それにしても、
久々のピアノトリオは楽しかった!(* ´ ▽ ` *)

いま調べてみたら、
去年の7月以来だったので、
そりゃそーだわっ!と妙に腑に落ち…

ピアノの外谷さんは、淡々とした風情でいても
心ン中は、グォ~~~っと熱きモノが煮えたぎっていて、
その想いを一音一音ズバズバと音に込め、
相変わらず華麗にスパークしていました。

外谷さん背中白黒 

唯一コレだけ↓
外谷さんのお顔が拝見できた画像も
載っけとこーっと…

大 アタシと振りむき外谷さん_convert_20190131230930 

よく『ハートウォーミングな…』
な~んてフレーズを聞きますが、
十数年ぶりに共演のベースの菅原さん(スガハラさんと読みます)の音は、
まさにその『ハートウォーミング』なサウンドだったなと…
温かでハッピーで包容力のある音。

菅原さんと外谷さん白黒 

ワタクシがMCをしている間も、
チョイチョイ合いの手の如く、
後ろから声が飛んできて、
いつものワタクシなら、結構拾うはずが、
やっぱりチョット緊張していたからか?
聞こえていながら拾えるほどの余裕も無く、
ことごとくスルーしてしもた、、、
菅原さーん…ごめんなさーい!

大 アタシと外谷さんと菅原さん_convert_20190131230649 

去年の夏以来の共演のドラムの岡田さん、
あんな超至近距離で叩いているのに、
ぜーんぜんうるさくない。

swingしているのは勿論なんだけれど、
とにかく音がキレイで、
まるで唄っているみたいな音…

岡田さんソロ白黒 

ワタクシが唄っていると思われる この画像↓
つまりは演奏中なワケですが、
偶然のショットとはいえ、
岡田さんのポーズと表情が
『どっちのブラシ使おっかなぁ~迷っちゃうなぁ~』
って真剣に悩んでいるみたいに見えない?笑
これまた笑ってしもたので、載せておこーっと…

外谷さんと菅原さんとブラシ迷いな岡田さんとアタシ 

とまぁ長々と書き連ねましたが…

今回のLiveを改めて考えてみると、
お客様の表情や、また後日いただいたご感想、
それと今回、Live終了直後に
たくさんCDをご購入いただけたり、
ミュージシャン達からも『楽しかった』と仰って頂け、
おまけにオーナーからは、再出演のオファーまで頂けたので、
きっとイイLiveをお届け出来たんじゃないかなぁ~
と思っております。

とはいえ自分のことだけを振り返ってみると、
毎回Liveでは幾つか目標は掲げるのですが、
録音したものを聴き返してみて、
練習の4割くらいしかは出来ておらず、
あまりの悔しさに、1曲聞き終わるたび、
『あ”ぁぁぁーーーっ!アレが足りてないよ!』
と雄叫びを上げては(笑)
ソッコーで足りていなかったことを意識して録音。
アーンド聴き返し…

修正できていると
『ほら、やっぱり出来んじゃん!』
『んもぉ”---っ! あ”ぁぁぁーーーっ! 悔しいーーーっ!』
とまた雄叫びを上げ、
またLive音源の続きを聴いては、
『んがっ! もぉ”-っ!!!(`o´)』と雄叫び上げ、
唄い直しての繰り返し…笑

数回の開腹手術、そして上咽頭炎…と色々あった分、
唄うという行為を、マイナスからスタートさせてから
数年が経ちました。

周囲から見れば、まだそこにいたの?
って思われる程度にしか回復はしていないけれど、
それでも自分としては、様々な面に於いて、
何年も掛けて、アリの半歩が如く、
ずーっと微調整してきた結果、
出来ることも増えてきています。

今回の悔しさが、練習を重ねることで、
次のLiveに繋がるものと信じて、
そして今の自分の身体を認め、仲良くしながら、
少しでも発声のコツを掴めるように
諦めず、ヘコたれず、自分の勘を信じて
更に精進して参ります。

次回MEGでのLive出演は、
5月を予定しております。

ただいま諸々調整中なので、
決まり次第、HP等にアップ致しますが、
今回いらっしゃれなかった方々は、
ぜひぜひ次回お越し頂けることを
お待ちしております!!!

それから、お次のLiveですが、
これまた初めての組み合わせ!

日曜日ではありますが、
翌日は建国記念日で祝日なので、
以下をご参照の上、
ご予約して頂けると嬉しいなぁ~

2019年2月10日@本郷 吉原小谷_convert_20181223235100 

少し早めのヴァレンタイン・ライブです!

アタシ、吉原さん、小谷さん、宣材画像 サイズかなり大_convert_20181223235140 

待ってまぁ~す!(^∇^)ノ


<1st..>
1.Strictly Confidential  (Instrumental) 
2.The St. Vitus Dance
3.Love
4.How Insensitive
5.Wives & Lovers
6.I Wish You Love
7.Give Me The Simple Life
8.Ain't Misbehavin'
9.Route 66!


<2nd.>
1.Burt Covered Love  (Instrumental)
2.Lullaby Of Birdland
3.The Gentle Rain
4.When You Wish Upon A Star
5.Stardust
6.It's All Right With Me
7.Corcovado
8.Sleepy Time Gal


vocal)Yuuki Yoshida
piano)Toh Toya   bass)Masanobu Sugahara  drums)Tomoyuki Okada    


あぁ…お腹すいたー
明日ナニ食べよっかなぁ~

エリンギのガーリックソテー 

ツナきゃべトーストとサラダ 



tag : #Live #ライブ #jazz #ジャズ #bossanova #ボサノバ #vocal #ヴォーカル #ボーカル #music

 | ホーム |  次のページ»»