ぐっばい16、やぁやぁ17


そろそろ今年も終わりを
迎えようとしています。

毎度長い文章にも関わらず、
読んで下さった方々、
Live会場へ足を運んで下さった方々、
それから不調続きなLiveでも
温かく励まして下さった
ミュージャンの方々、
各Live会場関係の方々、
それと上咽頭炎を見付けて下さり、
今現在も治療して下さっている
玉川学園前 はぎの耳鼻咽喉科の
萩野仁志先生などなど…

皆様、お世話になりまして、
ありがとうございました!m(_ _)m

今年は体調的にも精神的にも
アゲサゲ激しき、
そして
自分の音楽について
様々な角度から考察し、実践した
かなり濃密な一年となりました。

基本的に勘で生きてきたもので、
先日から
「来年はもっと楽しくなりそう…」
な気がしてならないので、
早くも今からワクワクしております。

ってこってぇ〜
今年の投稿オスマイ!
皆さん、ありがとう!

来年も、って実は明日だけど(笑)
引き続きヨロスクね〜( ´ ▽ ` )ノ

明日は早速、1月のLiveスケジュールを
アップするので、
また見てちょーだいなっ。

ではでは、良いお年をお迎えください…╰(*´︶`*)╯♡

テーマ : 年末&お正月
ジャンル : 日記

御礼! LIVE@東京倶楽部 本郷店 終了~♪

大変遅ればせながら…
過日12/20 のLive へお越し頂きました方々、
その節はありがとうございました!!!

今までならLive後、遅くとも1週間以内には
Liveレポをアップしておりましたが、
今回はLive前夜から、
予定外のスケジュールが入ったり、変更があったり…

予定では今年は比較的ゆっくり終えられるはずが、
体力と気力の勝負!とばかりに
怒涛の日々が続き…

何せ毎回ブログ更新作業に
最低でも2時間、下手すると3時間くらい
掛かってしまうもので、
中々そこまでの時間が取れぬまま、
合間にLive前から仕込み途中だった
ビーフシチューの仕込みの続きを
何日かに分けながらチョコチョコ進めつつ、
完成させたり…

ビーフシチュー

で今日、やっと終日オフとなり、
何とか今日中に更新せねばと、、、

さてさて本題!

Liveの朝は、コレでお目覚め&エネルギー補給…

当日朝ごはん

相変わらず淡々と、と言えば淡々と…
でも時折ホワッと温かな笑顔がこぼれながら
Liveリハから本番へとユルユルと始まり…

大 お二人_convert_20161231010001

このメンバーとは確か…
一昨年の夏か秋に初出演した際、
有り難いことに、お店側から強力なプッシュに完全に押され(笑)
まさかのレギュラー出演ということでスタートしました。

当初はまだワタクシの身体が、術後により全身の筋力が足らず、
また、どのような選曲をしたら、このメンバーーらしさが出るのかも
何も掴めていない中での船出でした。

これも確か2~3回目の出演の際、
「もしかしたら、この方向かな…?」
みたいなモノが少し見えてきて、
以降は他のLiveとの差別化の意味でも
ボサノヴァを少し多めの選曲にしたり…

ある時、ピアノの三木さんのお弟子さんから
「このトリオの名前は付けないんですか?」
と言われ、最近は小出しに
ザ・ファルセッターズ
なんて名前を付けだしてみたり…笑

また今年の夏には、
ワタクシが上咽頭炎であることが判明し、
その治療を始めたは良いけれど、
処方薬が強すぎたり、受診後の倦怠感に振り回され、
普段の練習の半分以下しか結果が出せなかったり…

とにかく今まで、数え切れぬほど
色々なことがあったけれど、
共演メンバーは、いつも笑顔で支え続けてくれました。

このメンバーに限らず、他の共演者とのLiveでも
例えばスキャットでの掛け合いなんかをする際、
誰かがやったフレーズにインスパイアされて
引き継ぎながら唄いたくても
「コレを引き継ぐには、今は出せない音の羅列だから
自分発信でいくしかない…」
ってことばかりで音楽的でないこと、
そして音楽的なことが出来ないことに
毎回凄く不満がありました。

でも、今は仕方がない…
と言い聞かせ、いま出来ることの中で
音を紡いでいくことを選択していました。

もちろん今でもまだまだ出し難い、
もしくは音色が気に入らない、
またはヒットしない音域もありますが、
それでも今回のLiveでは、
このメンバーで今までやりたかったことに
一番近づけたサウンドだったのではないか…?
と思える一夜となりました。

全体_convert_20161231012535

特にスキャットの掛け合いの1シーンでは
三木さんが弾く最後のフレーズを受け継ぎながら、
ワタクシが展開しての繰り返しをしているうち、
三木さんから 「Yeah!」 なんて声が掛かり、
その瞬間、 『あぁ…やっとココまで来た…』
と思え、涙が出そうになりました。

アタシ_convert_20161231013756

それから、三木さんと初共演した十数年前、
三木さんを気に入ったキッカケになったTenderly、
やーっと一緒に出来るようになったり…

大 三木さん_convert_20161231010103

宮野さんの出す真っ直ぐな優しい音に、
昔のように溶け込んだり、ハモったり出来たことが
今回は凄く増えたのも嬉しかったなぁ~♪

それとこの日、宮野さんが持っていらした
Christmas Love Song、
初めて聴いた曲だったけれど、
もの凄ーく美しい曲で、
歌詞も付いているそうなので、
来年唄ってみたいなぁ…

大 宮野さん_convert_20161231010029

次回の出演は、まだ確定していませんが、
2月~5月初旬まではLiveを休止する為、
早ければ5月後半、遅くとも6月には
また同じ本郷店に出演予定です。

今回お聴き逃した方は、
来年はぜし、聴きにいらして下さいね!

終了後_convert_20161231014006


■ SET LIST ■
<1st.>
1.Christmas Love Song (instrumental)
2.Them Their Eyes
3.Dindi
4.If We Hold On Together
5.Wives & Lovers
6.Christmas Memories

<2nd.>
1.East Of The Sun (intsrumental)
2.Love Is Here Stay
3.Night & Day 
4.Tenderly
5.Song Of The Jet
6.The Christmas Song

<3rd.>
1.Emily (Instrumental)
2.Skylark
3.Old Devil Moon
4.Moonlight In Vermont
5.Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!
6.Stardust


Yuuki Yoshida(Vo) Yuushi Miyano(Altsax/Flute) Nariyoshi Miki(Pf)


ちなみに今朝は、ゆっくりとコレ作って食べまひたっ!

今朝

さぁ~て、明日で今年も終わり。
練習納めして、皆様へもココん家でご挨拶もしますので、
また明日も読んでねぇ~!ヾ(o´∀`o)ノ




Merry Christmas!!!

みなさん…

Merry Christmas!!!

良かったら、以下の記事に
亡き父のクリスマス・ソングがアップしてますので、
ぜし聴いて頂けたら嬉しいです!

クリスマス・イヴ_convert_20161224012630

父 ビリー吉田の音源

※以下は過去記事ですが、12/25まで一番最初に設定しております。


少し早めですが、、、
みなさま…

Merry Christmas!!!

さてさて、毎年恒例ではありますが、
期間限定(12/25まで) で、
父のクリスマスナンバー音源を
公開いたします。

既に父は17年も前に亡くなっておりますが、
聴いて頂けたら、
きっと父も喜んでもらえると思います。

ではでは、素敵なクリスマスを…!!!


~~~ Eiji Kitamura Golden Christmas Songs より ~~~

パパCDジャケット

※タイトルをクリックするとお聴き頂けます。

★I'll Be Home For Christmas

vocal)ビリー吉田
vibraphone)増田一郎
piano)塚原小太郎
guitar)潮先郁男
bass)浅見嘉則
drums)中村吉夫
emulator)増田俊郎
percussion)広沢園子


★赤鼻のトナカイ

vocal)ビリー吉田
steelguitar)増田一郎
guitar)榊原光宏
guitar)潮先郁男
ukulele)ジミー服部
vibraphone)塚原小太郎
bass)浅見嘉則


★The Christmas Song

vocal)ビリー吉田
piano)塚原小太郎
bass)浅見嘉則
drums)中村吉夫

▲Recorded at Pioneer Studio Aug. ~ Sep. 1988

1月のLive Schedule

出来立てホヤホヤ…+゚。*(*´∀`*)*。゚+
皆さん、今からブックマークを…!

2017年1月6日@赤坂見附_Solid_Beat_convert_20161222172538

もいっちょ。

2017年1月23日_東京倶楽部@本郷_convert_20161222172618

明日20(火)はLIVE!!!

みなさま、こんばんは。

いよいよ明日は、
今年最後のLIVEですよ!

アチコチから蔦が生えてきて絡み合うような
どこか植物的なイメージを想起させる
柔らかなサウンド。

今回は少し早めのクリスマスLiveの一つとして、
年末疲れを取りがてら、
ぜひ聴きにいらして下さい。

途中入店&退店もOK!なので、
忘年会終わりでも構いません。
お待ちしておりまぁ~す!


<<< 共演者プロフィール >>>

【Pf)三木成能<ミキ・ナリヨシ>】
埼玉県上福岡市出身。
武蔵野美術大学卒。
1998年キングレコード『ジャズ新鮮組』に参加。
これまでに、大森明(as)、小林陽一(ds)、岡崎好朗(tp)、
松島啓之(tp)、山田穣(as)、太田剣(as)、大坂昌彦(ds)、
上村信(b)、吉野ミユキ(as)、TOKU(vo&flh)、
大野俊三(tp)各氏のグループ等で演奏し、
現在は、MALTA(sax)、八城邦義(ds)、大井貴司(vib)、
高瀬龍一(tp)、江古田カルテット等の
バンドや歌伴などで活動中。
2009年​には​アルバム『PURPLE MOON』発表。
ルーツ音楽院等のジャズスクールで教鞭もとる。

▲officilal website
http://mikinariyoshi.jimdo.com/

【AS/Fl)宮野裕司<ミヤノ・ユウシ>】
1948年​ ​岡山市で生まれる。
大学在学中に演奏活動を始め、
ライブ演奏、CD制作に参加する。
1997年 Febian Reza pane (p) との
デュオアルバム「Plantar」を発表​。​
​2003年 小太刀のばら(p)のアルバム「散文歌」に参加
2009年 「ARTISTRY OF YUSHI MIYANO」を発表​。​
2011年​ ​宮野裕司&菅野浩が双頭リーダーのバンドで、
「ALTO TALKS」CD・LP同時発売。
現在、自己のクアルテット(中牟礼貞則(g) 吉野弘志(b)
池長一美(ds) の他、宮本大路(b) 「Cross Counter」
二村希一(p) 小林洋(p) 「室内バンド」 「1001合奏団」
小太刀のばら(p) 加藤崇之(g) とのトリオ「コンクレスト」
​松尾明テイクテン​等で活​動​中。

2016年12月20日ファルセッターズ_convert_20161219234753

御礼! LIVE@目黒 TIME OUT!

皆さま、こんばんは。
今日は寒い一日でしたねぇ。。。

さてさて、遅くなりましたが、
12/13 目黒TIME OUTへお越し頂いたお客様、
お足元の悪い中をお越し頂きまして、
ありがとうございました!!!

相も変わらず、元々の天気予報を覆す
大雨女のワタクシ、
今日もやはり夜が深くなればなるほど、
雨足も強まったという一夜。。。

しかしながら、オーナーの村さんやスタッフの方、
共演ミュージシャンのお二方、
そして初めましてのお客様、
また数年ぶりに、元生徒さんが奥様と同伴でいらして頂いたり…

最後はアンコールまでも頂いて、
楽しく終えることが出来ました。

実はその元生徒さん、お医者様でもあり、
ワタクシが一度目の手術ミスで腎臓に問題が生じた際、
相談に乗って頂き、その間も簡易的な処置や検査等して下さったり、
結果、新たな先生を見付け、病院へ紹介状までも書いて下さった
いわば命の恩人でもあるのです。

ある時期から非常にお忙しくなり、
レッスンに通うのが難しくなったことから、
今は今回の共演者である吉原さんから
出張レッスンを受けているので、
まぁそういう意味では、
吉原さんとワタクシとの共通の生徒さんでもあるもので、
その方も何とか駆けつけたい!
とのことで、2セット目の終わり頃、
残り2曲という頃に、いらして下さいました。

そのお気持ちが嬉しく、
しかも凄く遠くからいらして下さったもので、
残り2曲では申し訳なくなり、
たまたまその日の1セット目は、
普段ほとんど唄わない曲
恋人も濡れる街角と、Sweet Memories(CDバージョン)
を2曲唄っていたもので、
ワタクシ自身も、もう一回唄っておきたかったのもあり、
ミュージシャン達には悪いなぁ…
とは思ったものの、
急遽、その2曲を追加して唄いました。

喜んで頂けたかは正直、判りませんが、
でもアンコールを頂き、更にAll of Meを唄って、
吉原さんも更にソロでBlue Christmasを弾き語りして下さり…

唄う吉原さん1

その他、この日は、
何年振りだろう…?
って思い出せないくらい久々に
The Jokerを16beatで唄ってみたり、
そして勿論、The Christmasなんかも唄ったり…

といった感じで、
盛りだくさんな楽しい一夜は終わりました。

12/1に上野アリエスでやったLiveでは、
上咽頭炎の治療へ行くことが出来ないまま
Liveに臨んだ為、コントロールが全く効かず、
楽しむことが出来ぬまま終わってしまいましたが、
今回は治療をしたのもあり、
サウンドを聴きながら唄うことが出来たかなと…

もちろん反省点も多々あり、
このメンバーでやることの意味、
つまりサウンドを、もっと考えて準備するべきだったなぁと…

それに気付いたのが、出掛ける直前。。。

でも、せっかく思いついたんだし…
と思い切ってプログラムを変えて臨んだものの、
やはり練習を積んだもの、そうでないもの、
の差が如実に出てしまい、、、

これはやはり今はまだ、今の声でのコントロールと
昔のコントロールとに誤差が生じてしまっている為、
練習をしていない曲は、つい昔の感覚に戻ってしまい、
コントロールが出来なくなってしまうのです。

でも今回、悪いことばかりではなく、
ハッキリ判ったことがありました。

今のワタクシの発声に於ける、構えのベストポジションが、
なかなか掴めずにいたのですが、
今まで何かの瞬間に、フワッと上手くいく感覚があって、
それをキープしたかったのに、
いざソレをやろうとしても、偶然でなければ、
自分でその位置に持っていくまでには至らず、、、

ところが最近、たとえ偶然であっても
その確率が高くなってきていたのです。

今回のLive当日、家での練習では、
そのポジションを意識しても結局できぬままだったのが、
リハでは1/3くらい出来て、
本番では1/2くらい出来るようになっていました。

アタシその1_convert_20161217014741

と同時に、発声する上で、
今後やらねばならない別な課題と練習方法も
ハッキリと見えてきました。

で、実は今回のLive後、バタバタだったのもあり、
今日から練習を再開したのですが、
あの時のポジションの感覚が
まだ身体に残っているような気がして、
しかも今日はソレを定着させられるような予感がしたので、
試しに唄ってみたら、ワオッ!

コレコレ!コレだよっ!!!
ようやく今の自分の声の生かし方が、
見付けられたかもしれません!

今日は時間が足りなくなり、
このポジションで、もう一つの課題にまで
取り組めなかったのですが、
予告編的にサラッと唄ってみたら、
コレをクリアーすれば、
かなりロストが減らせるのでは…?
との目算も立ちました。

今ワタクシが患っている上咽頭炎、
本当に厄介なもので、
Live翌日に治療へ行ったところ、
先生曰く
『口や鼻の保湿は大事だけれど、
岩盤浴やホットヨガなどの高温多湿は逆効果だから、
梅雨時だと調子が悪くなる場合が多い』
のだと…。

ワタクシの場合、根深いらしいので、
まだまだ治療へ通わねばならず、
今日の目算も、予定通りにはいかないとは思うけれど、
でも、次への一歩が見えているのと、
見えずにいるのとでは、
同じ練習をしていてもモチベーションも違うので、
とりあえず次の霧にまみれるまでは、
今日感じた自分の勘を信じて、
進んでいこうと思っています。

そうそう!
この日の休憩時間、
巻きタバコ愛飲者の山村さんが、
こんな感じでタバコを巻き巻きしていました…

山村さんタバコその1

手元に注目すると、最初と2枚目の違いが分かります…

山村さんタバコその2

おっ!完成かな?!

山村さんタバコその3

完成品に火を灯す男…(笑)

山村さんタバコその4

<巻きタバコ講座>
講師 : 山村隆一 受講者 : 吉原寛治
ってな図…(笑)

山村さんタバコその5

同じくタバコ愛飲者であるオーナー村さんも加わり、
暫しタバコ談義…

山村さんタバコその6&村さん

タバコは20年前にヤメたという吉原さんは
『あぁ…いい匂い!』 を連発しながら、
山村さんとオーナー村さんのタバコ談義を
楽しげに聞いていました。

喜ぶ吉原さん

ちなみにワタクシは、
今まで一口もタバコを吸ったことがございませんっ!

アタシその2_convert_20161217014807

アタシャ食べることで頭いっぱい胸いっぱい!(笑)

大根

エコな御飯

エコきんぴら

さぁ~て、次のLiveまで
出来るだけ練習するぞぃっ!ヾ(o´∀`o)ノ


前置き

皆様、こんにちは。

一昨日は目黒@TIME OUTでのLiveでしたが、
それに関しましては、
一両日中にも改めてアップ致しますので、
もう少しだけお待ち頂けたら幸いです。

そして、この後、
期間限定で、ワタクシの父の音源をアップ致しますので、
そちらを先にお楽しみ頂けたら嬉しいです。

ではでは、また~(^∇^)ノ

明日13(火)はLIVE!!!

みなさま、こんぬつわ!(´∀`*;)ゞ

さてさて、
明日はLiveでござぁ~い♪

このお店は、いわゆるジャズクラブとは違い、
どこかジャズ喫茶の雰囲気があり、
沢山のギターが吊るされていたり、
アンプやらカメラやら転がっていたり…
と何とも不思議な空間。

目黒駅から権之助坂を下っていくと
ひっそり佇むTime Out の看板。

出演者の息遣いまでも聞こえてきそうな
小さなスペースな中、
昔馴染みのメンバーとお客様、
共に和気あいあいと会話しながら楽しめますよ。

ぜひ、お気軽に遊びに、
いや聴きにいらして下さい!


★12月13日(火) @ 目黒【TIME OUT】 03-3491-1477

目黒区目黒1-6-13 フジビルB1F
*JR線 『目黒』 西口より徒歩5分/権之助坂沿い

20:00~20:50 / 21:30~22:20 ※入替ナシ

Music Charge:2,800円

うた)吉田有希 ぎたー&うた)吉原寛治 えれきべーす)山村隆一


<<共演者プロフィール>>

【G/Vo)吉原寛治<ヨシハラ・ヒロハル>】
1958年生まれ。
小学校時代パキスタン在住中、
ロシアの民族楽器バラライカを弾く。
帰国後、Jazzギターの小西徹氏に師事。
高校卒業後、シンセサイザーの喜多郎や
ハイファイセットのバックバンド、
数々の Recordingに参加。
2000年には初めてのJazz Vocal CD
「I Wish You Love」をリリースし、
Vocalistとしても活躍。
あらゆるジャンルのユニット、グループで演奏。
作詞作曲も手掛け、オリジナル曲はYoutubeにアップロード中。
プロデューサーとして他のアーティストの
ミュージックプロデュースも手掛ける。

【E.Bass)山村隆一<ヤマムラ・リュウイチ>】
1965年大分生まれ。
79年ラグタイムギターを始め、82年エレキベースに転向。
大学在学時CM等の音楽制作にも携わり、
ルネマクリーンとの共演をきっかけに
本格的にジャズの演奏活動を開始。
90年ウッドベースを始める。
93年内田浩誠グループにてブルーノート福岡に出演。
その後、広瀬文彦氏に師事。
第5回イムズジャズコンテスト特別賞受賞。
96年内田浩誠トリオでCDリリース。
更にジャズ活動のみならず、
吟遊詩人真柄征侑との活動にも力を入れ、
韓国や中国でのツアーにも参加。
00年内田浩誠トリオでコンコードジャズフェスティバル出演。
02年宮城県田尻平和記念音楽祭出演。
また、黒岩静枝のアルバムに参加。
03年居を関東に移し、
バイソン片山トリオに加入、ルータバキンツアーに参加。
その後、吉田賢一トリオにて、
KENNY MINE (故ディックミネのご子息)のレコーディング(My buddy 1,2)に参加。
吉田賢一トリオにて(スターダスト)リリース。
グレッグマッケンジートリオで、
渡辺貞夫のFM番組にてカルテットでのセッションに参加。
これまで、フランクウェス、ノーマンシモンズ、
デュークジョーダン、ハンクジョーンズ、
日野皓正、田村翼、北村英二、世良譲、辛島文雄、マルタ、
伊藤君子、中本マリ、
赤坂由香利、グレースマーヤ等々、
数多くの内外著名ミュージシャンとの共演経験を持つ。
自己の活動としては、日本の楽曲をアレンジして
お洒落なジャズに仕立てたり、
六弦ベースを駆使して、癒し系ライブを展開したり
と全国的に動き回っている。

2016年12月13日@目黒TIME_OUT_convert_20161205011046

御礼! LIVE@上野ARIES!

みなさま、こんばんは。

ここ数日は、一日の中で寒暖差があって、
お昼間は気持ちがいいのですが、
日が陰ると、おっと!ってなるくらい寒くなって、
着るものが難しいですね。。。

さてさて、先日12/1 は、
上野ARIESにて、Two of Us 第7弾!に
ピアノの小野孝司サンをお迎え致しました。

小野さん

いらして下さったお客様、
ありがとうございました!(^-^)/

今回、やってみて思ったことは、
自分が患っている上咽頭炎をナメてたというか、
自分を過信していたことによる判断ミスで、
せっかくの素晴らしい小野さんのサウンドを
楽しむ余裕のないまま終わってしまい、
非常にしょっぱい、
そして後悔の残る一夜となってしまいました。

大 寂し気なアタシ_convert_20161205005439

原因は複数あり、
一つには前回(11/22)にやったLive後のスケジュールが、
今の自分にはオーバーワークだったこと。

そして、本来ならばLive前に治療へ行くところを、
過密スケジュールを組んでしまったが為に、
遠い病院へ通うには、
かなりの無理をしなくてはならず、
体力温存と時間を優先してしまったこと。

それらは結局、
前回のLiveが、本当に久しぶりに殆どストレス無く唄えたので、
『そんなに間も空いていないし、もしかしたら次も何とかなるのでは…?』
という過信が、失敗を招いてしまったのです。

大 虚ろアタシ_convert_20161205005410

でも今回、小野さんとご一緒できて良かった…
と心から思いました。

大 笑顔なアタシ_convert_20161205005503

というのも、リハを終えた時点で、
小野さんから 『頑張れっ!』 と、お言葉を掛けて頂いたお陰で、
1セット目は、リハの時よりも力を抜き、落ち着いて丁寧に唄えたし、
本番が始まる前や、休憩時間、
それから比較的ご近所さんということもあり、
帰りも途中下車して打ち上げもしたのですが、
車中での会話や打ち上げでの会話など、
小野さんからは沢山の励ましや、アドバイスを頂きました。

様々なお言葉の中で、
『人生の中で、無駄なことなんてない。 意味のあるもの…』
と仰られ、もちろんソレは良く聞くフレーズだし、
ワタクシ自身もソレを感じる出来事が
今までも数え切れぬほどあったけれど、
この日は改めて、小野さんとご一緒できたことこそが、
必然であり、意味あるものだったのだ…
ということを、改めて感じた一夜でした。

今回のLiveは、確かに自分として
納得のいかない内容にはなってしまいましたが、
治療との向き合い方を、また一つ知ることが出来たので、
やはりやって良かったのだ、と今は思えています。

嬉しかったことも実は他にもあって、
この日、小野さんが1セット目で弾かれた曲、
何とユーミンの「春よ、来い」だったのですが、
アレンジが凄くステキで、
それをお伝えしたところ、まさかの
『今度、僕のアレンジで唄ってよ!』
と仰って下さいました。

こんな状態のワタクシに、そんなことを仰って下さったことだけでも、
とても嬉しかったのですが、
そう思う反面、やはり悔しさが増しました。

ワタクシは今まで、日本語の歌を唄うことに
正直、どこか抵抗があり、
というか、この曲をこんな感じで唄いたい!と思わなければ、
唄う気持ちが全く湧かないのです。

随分と昔、当時大手レコード会社から日本語の曲をジャズアレンジで…
という企画を打診されたことがあったのですが、
全く唄う気持ちになれず、お断りしたことがありました。

周囲からは『折角のチャンスなのに…』
と随分と残念がられましたが、
ワタクシは頑なに受け入れませんでした。

でも今回、小野さんのその曲は、
本当に素敵だったので、
小野さんに唄ってと言われたことは、
驚きこそあれど、全く抵抗感が無かったのです。

恐らく小野さんは深い意味なく仰ったのかもしれませんが、
もう少し私自身、この上咽頭炎との付き合い方のコツが掴めるようになったら、
改めて小野さんに、『唄わせて頂けませんか?』
とお願いしてみようと思っています。

あのサウンドの中にいる自分、という世界を見てみたい…
という気持ちが、沸々と湧いてきています。

また一つ、目標が出来たな…

そうそう、それにハワイアンもやってよ!
って言って頂けたし、
昔は踊りながら唄ってもいたんだし、
来年は少しずつでも、色々なことに挑戦してみようかなぁ…
なんてワクワクもしています。

そう!
だから、失敗だけど、失敗じゃない!
そんなことを感じた今回のLiveでした。

大 お辞儀なアタシ_convert_20161205005312

小野さんとは、また何処かでリベンジしたいなぁ…

さぁ~て、お次のLiveはコツラ…

2016年12月13日@目黒TIME_OUT_convert_20161205011046

明後日には治療へ行くので、
今度こそは後悔なきLiveにするぞっ!

その他この日の詳細は
また改めてアップ致しますが、
今からぜしご予約を…!
待ってまぁ~す!!!(^∇^)ノ


FC2カウンター
プロフィール

Yuuki Yoshida

Author:Yuuki Yoshida
♪吉田有希♪

祖父は紫綬褒章、舞踊芸術賞を受賞の藤間秀斉、
父は元ジャズ・ヴォーカリストで、
日本ビクター音産のジャズ部門プロデューサー ビリー吉田の
長女として東京港区に生まれる。

3歳からバレエを18年、5歳からピアノを12年間習う。

高校卒業後、村上京子にジャズ・ヴォーカルを師事。

1993年よりTHE SHINY STOCKINGSへ加入と同時に、
ソロ・ヴォーカルとしてもライヴ活動を開始。

2003年よりVocal School【ZERO】を主宰し、
教育を通じての活動も行いる。
日本音楽指導員認定協会会員。

2005年12月をもって同グループを脱退。

2008年には、ファーストアルバム 【glatitude】 を発売。

しかし翌2009年より体調を崩し、
その後数年間、ライヴ活動を休止。

その間、死の宣告を数回され、
2度の開腹手術を受けるも、奇跡的に回復。

2013年より、主宰する【ZERO】の他、
吉祥寺・三鷹のカルチャースクール
Jazz Timeにて、講師も務める。

2015年5月より約7年間のブランクを経て、
ライヴ活動を再始動。

現在、都内近郊のライヴハウスを中心に、
様々な編成で活動中。

スタンダードジャズや映画音楽を中心に、
ボサノバ ・ ポップス ・ ラテン ・ J-ポップ等、
レパートリーも幅広い。

自然体でソフトなフィーリング、
スモーキーなハスキー・ヴォイスで唄うヴォーカリストである。

♪Official Web Site♪

【主な活動スポット】
上野 『Aries』 ・ 本郷/水道橋 『東京倶楽部』 ・ 大久保 『Boozy Muse』 他
______________________

☆ 2008年10月25日にFirst Album【glatitude】(3,000税込)が発売されました!!!☆

●○● 収録曲 ●○●

1)Nice Work If You Can Get It
2)恋人も濡れる街角
3)But Not For Me
4)One Note Samba
5)Stompin' At The Savoy
6)Sweet Memories
7)Ain't Misbehavin'
8)Old Devil Moon

↑YouTubeで試聴できます!曲名をクリック!


≪サポートメンバー≫

Sound Director/G/Arr/Cho)吉原寛治 Pf/Arr)岩谷泰行 W.Bass)高尾幸宏
E.Bass)山口良夫 Ds)日高弘 Key)清水ゆかり
Cho)吉田夏希

◆◇◆ CDご購入方法 ◆◇◆

※メールにて承ります。

●メールのタイトルに 『CD購入希望』と、お書き添えの上、
お名前/ご郵送先ご住所/ご希望枚数 も併せてご明記いただき、
officezero55@gmail.com までご注文くださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード