FC2ブログ

ユウキのもと

Vocalist 吉田有希のBlog

皆さま、こんにちは!
イマイチ天候が安定しない今日この頃ですが、
如何お過ごしでしょうか?

さて、お礼が遅くなりましたが、
過日、LIVE@東京倶楽部 本郷店へお越し頂いた方々、
そしてアルトサックス&フルートの宮野裕司さん、
それからピアノの三木成能さん、
ありがとうございました!!!(^∇^)ノ



Liveを終えて、3人で最寄り駅へ向かい始めたら
「今日は晴れたね…」
と宮野さんの口から出たほど、
珍しく爽やかに晴れたこの日…



前夜、何故だか激しい喉の痛みに襲われ、
当日目覚めた時はビクビクしたけれど、
不思議なことに喉の痛みは相変わらずでも
歌声には殆ど影響なく、
最後まで無事に唄い切れました~(。>ω<。)ノ

しかしながら、
土曜日に生徒のレッスンで酷使したのが祟り、
夜には、全く声が出なくなり、、、

昨朝、病院へ行ったところ、
声帯が1.5倍に浮腫んでいるらしく…

でも、治療の効果が出たようで、
既に夜から微かに声が出始め、
単なる低音から音程がつけられる程度の音域まで
今は声が出るように回復してきましたので、
あとは時間の問題かなと…

なので、心配ご無用!& ご安心くださいね!



さて、そんなこんなで始まった今回のLive、
恐らくこのメンバーでは
1年か1年以上振りだったので、
凄く楽しみでしたし、
やりたかったことを盛り込んだ内容でした。



1曲目は、アルト(サックス)の宮野さんの選曲で
「I Wish I Knew」を
インスト(インストルメンタル<歌ナシ>の略)でstart!

宮野さんのソロから
最初はバラードのようなアプローチで始まり、
4小節ほど後に、三木さんが音を重ねていくと、
そこから更に4小節を過ぎた辺りから
ミディアムテンポの4beatに変化。

それでもお二方のplayだからか?
実際のテンポよりも、ゆったり感が漂い…

お二方が奏でるこの曲を聴いていると、
何処となく春霞みのような風景が浮かぶ。

曲中、どんどん転調(キーが変わる)していくのが、
季節の移ろいにも感じた素敵なplayでした…

20190516の宮野さんと三木さん



そして、ワタクシが登場~

今回のLiveでは、他のLiveとの差別化も図りたく、
敢えてBossa Novaを多めの選曲にしてみました。



なので、まずは「So danco samba」から…

発声する上で、前々から『~なんじゃ…?』
と思っていたことが、前夜の練習で確信に変わり、
「本番では今までの習慣を封印して出来るかなぁ~。。。」
と思ったものの、
結果的に上手くいった一曲だったように思います。



「I Wish You Love」以降の
「When You Wish Upon A Star」「Skylark」
については、録音音源を聴き返してみたことで
一つ気付いたことが…

これらの曲は、最近のLiveで頻繁に出しているし、
練習もしている曲ではあるのだが、
例えば前述の「So Danco Samba」や、
後に記述する「I Concentrate On You」と比較すると、
私のクオリティが下がっている。

練習の時には、寧ろ逆なのに…

色々原因はあるにせよ、一番の要因は
『慣れること』と『馴染むこと』の履き違えだなと…

つまりは、練習でクオリティが上がってきたことで
自信がついてきたことが、
いつの間にやら安心に変わってしまったのかも…

そのことが無意識ながらも集中力の低下や、
音を出すことに対しての
繊細さや慎重さを欠いてしまっていたのだと…

その証拠に、練習で微妙かも?
と思っているような曲ほど、
今回のLiveでは意外にも上手くいっていたし…

そんなことを踏まえると、
今後の練習に於いては、
自分を信じて突き進む気持ちと同時に、
何処か疑いの目を持ちながら
一音一音、もっと繊細に、丁寧に、慎重に…
との思いで取り組んでいかねば…!
と改めて今、感じています。



そうこうしているうち、
1st.セット最後のナンバーは
「There Will Never Be Another You」

途中、ピアノの三木さんとの掛け合いは
とっても楽しかったなぁ~

それとね、
長年に渡り相当数、共演してきたからこそだな、
と今回久々に共演してみて判ったのが、
唄いながら三木さんの行きたい方向が凄く解り、
だからこそ次のコード選びが予測しやすく、
実際その選択が当たり、一緒に行かれると
やっぱり嬉しいのね。

そして宮野さんも当然ながら
フワッと乗っかってきてくれて
ゴールであるエンディングの最後の最後の音まで
共に手を携えて…みたいな感覚が味わえ、
そんな時はムフッてなるのよね。



そして、そして、今回満を持してのお披露目は…
2nd.セットの頭にやった「Antigua」

初めてこのメンバーでの組み合わせでLiveを演った時、
『アタシがやりたいサウンドの一つだなぁ…』
と感じ、ライフワークの一つにしよう!
と思ったのが数年前。

だからこそ、ユニット名を付けたく、
3人ともファルセットで喋るから
半分冗談で “ ファルセッターズ ” なんて
ちょいダサな名前を付けてみたりしたのだ。

そして、いつの日か、楽器奏者+歌 ではなく
演者3人のユニット、として音を届けることがしたい!
と思っていたのです。

勿論ソレは、他のミュージシャンとのLiveでも
同じ想いではあるのですが、
このメンバーとのLiveは、
一層その感じを全面に出したかったのです。

そんな中、何回か前のLiveで
ピアノの三木さんが持ってきたantigua、
丁度その数日前に、私もその曲を聴いていて
好きな曲だったのもあり、
コレをどうにか出来ないかなと…

で今回、久々の共演だったので、
コレに取り組むことにしてみたってワケです。

この曲については、
私がリード楽器なのではなく、
寧ろヴォーカルというよりか、
シンセサイザー(的なヴォーカル)兼パーカッション(的なヴォーカル)
の立ち位置でやってみたかったので、
マイクの距離を遠くにして微かにいるくらいにし、
音色もなるべく薄く重ね…

実際やってみて判ったのは
今回お披露目できたことは嬉しかったけれど、
まだまだ練る必要が多々あるなと…

でも出してみたことで、
改善点も明確に解ったので、
結果的には出せて良かったなと…




2nd.セット3曲目に唄った
「The Summer Knows」は、今年初のお披露目。

この曲は大好きな一曲なだけに
一年振りに出せて嬉しかった。

そして、三木さんのplayが美しかった…



5曲目は「How Insensitive」を…

サックスって “ 人の声に近い楽器 ”
とも言われているけれど、
宮野さんは特にソレを感じる。

この曲の間奏では、
宮野さんのアルトがリードを取っていたんだけど、
本当に誰かの声のような響き。

そして、まるで羽衣のように繊細で薄いのに、
それでいて深く柔らかな音色で…



3rd.セットの頭は、インストは無しで
「Night & Day」から…



実は、今回のLiveから
また少し発声に於いて、力の配分を変えたのですが、
それが功を奏しました。

というのも、今の身体になってから、
悩みの種の一つであった
" 後半になると、声帯周辺の筋力に疲労感を覚える "
ということです。

その為、前回のLiveを終えてから今回までの約半月間、
また一つ新たな練習方法を加え、
声帯周辺の筋力強化を図り、
そして発声する際の力配分も変えて、
練習をしてみました。

練習では何時間唄っても、
声帯周辺は殆ど疲労感を覚えないのに、
Liveでは何で?と考えると、
合間にお客様とお話をしているからなのだと…

そこで行き着いた結論は、
唄う時の発声にも、良い効果が出るかもしれないし、
声帯周辺の筋力に少し負荷を掛けてやってみよう!と…

結果的にどちらが効いたのか?
どちらも効いたからなのか?
正直判らないのですが、
効果があったのは事実で、
若干の疲労感はあったものの、
明らかに前回までよりイケそうな感覚があり、
♫Night & Day~の唄い出しも、
比較的すんなり唄えたことで、
精神的にもグッと楽に進めることが出来ました。



そして3曲目に唄った「I Concentrate On You」
前述通り、練習ではまだイマイチであっても
3rd.にも関わらず、集中力と慎重さで乗り切り、
中々良い感じのクオリティになったかなと…



というワケで、
今回も長文Liveレポになってしまいましたが、
最後までご覧いただいた方、
ありがとうございます!

今回初お披露目の3人バージョン「antigua」、
次回はもう少し練り直した形で聴いて頂きたいですし、
私自身その後の成長もお聴き頂きたいし、
一番は、このメンバーでのサウンドを
多くの方々に聴いて頂きたいです!

何とか年内に、あと1回は演りたい!
と思っておりますので、
今回お聴き逃しの方、
まだ聴いたことの無い方は、
ぜひ次回、聴きにいらして下さいね!
p(*^-^*)q

メンバー一同 心より…
ん?!(笑)

ファルセッターズ目瞑りバージョン

心よりお待ちしております!!!

ファルセッターズお目々ぱっちりバージョン




最後に、お次のLive宣伝をば…

2019年6月11日@吉祥寺MEG_convert_20190521150822

アタシ、外谷さん、山口さん、岡田さん_convert_20190521151344

大 外谷さん、菅原さん、岡田さん、アタシ_convert_20190131230759
※画像内のベーシストは、今回とは違う方です。

ご予約も既に始まっており、
web予約だとTC(テーブルチャージ)\500がオフになりますので、
是非みなさま、web予約をなさって下さいね!

音吉!MEG←ココをクリックすると飛べます



■ SET LIST ■
<1st.>
1.I wish I Knew (Instrumental)
2.So Danco Samba
3.I Wish You Love
4.When You Wish Upon A Star
5.Skylark
6.There Will Never Be Another You

<2nd.>
1.Antigua
2.Day By Day 
3.The Summer Knows
4.Charade
5.How Insensitive
6.'S Wonderful

<3rd.>
1.Night & Day 
2.More Than You Know
3.I Concentrate On You
4.Give Me The Simple Life
5.Sleepy Time Gal


vo)Yuuki Yoshida as/fl)Yuushi Miyano pf)Nariyoshi Miki 


皆さま、こんばんは。
昨夜のLiveレポを書けていないワタクシですが
(…スンマシェン)
取り急ぎ、一つご報告をば…

えーっと…

8月までのLiveスケジュールを
更新いたしましたーーー!!!

というワケで、
詳しくはコチラをクリックして
ご参照くださいませ。

皆さまのお越しを
心よりお待ちしております!!!( ̄^ ̄)ゞ

Vocalist Yuuki Yoshida officila websaite】←ココをクリック

尚、Liveレポは、近日中にアップ致しますので、
今暫くお待ち下さい…




テーマ:JAZZ VOCAL - ジャンル:音楽
こんにちは!
徐々に初夏らしくなってきましたね!

さて、明日5/16(木)ですが、
ご都合いかがでしょうか?

今回のメンバーとは
比較的ボサノバが多めなラインナップの予定…♫

植物的な音色が、
まるでアチコチから蔦が生えて絡み合うように
3人の音が溶け合います。

不思議な音世界…
森林浴をしに行くような気分でお越し下さい…♫
お待ちしております!


★5月16日(木) 東京倶楽部@本郷店 03-6801-8322

文京区本郷3-31-3 B1F
*大江戸線 『本郷三丁目』 5番出口より4分
*丸ノ内線 『本郷三丁目』 2番出口より6分

19:20~20:00 / 20:40~21:20 / 21:50~22:30
*入れ替えナシ

Music Charge/¥2,800+Seat Charge/¥650
*ご予約ナシはプラス¥300

vocal)吉田有希 altosax・flute)宮野裕司 pf)三木成能


<<その他 LIVEについて…>>
▲1セットまたは全3セットでも⇒チャージは1セット分のみでok!
▲各セット全て違う曲です!
▲チケット事前購入不要!
▲演奏途中での入退店ok!
▲服装はカジュアルでもok!
▲ご予約はお店へ…


<東京倶楽部 本郷店>
https://tokyo-club.com/hongo/about/ ← ココをクリックすると飛べます


2019年5月16日@本郷 ファルセッターズ_convert_20190508233951


Live終了後 その1


テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽
みなさま、こんばんは〜🖐
まだまだ気温差激しき日々ではありますが
お昼間は爽やかな風を感じられ
心地良き季節になりつつありますね…☘️


さて、毎度お礼&レポートが遅くなり
スンマヘン…🙇💦


改めまして…
過日5/1のLiveへお越し頂いたお客様
そして初共演のピアニスト 中嶋錠二さん
本当にありがとうございました!m(_ _)m


この日、午前中は前日までの予報を覆し、快晴だったもので
選曲も雨ナンバー予定から急遽変更、、、


ところが…
午後から時間を追うごとに
雲行きが怪しくなり
結局は雨、、、何なんじゃーいっ!💢


んで、またまた選曲変更…
ってアタシお天気に振り回されっぱなし、、、
どうせなら、好きなヒトに振り回されたいわ…😝


とまぁクダラヌことを言ってないで
そろそろ本題に入りますね…😅


1st.の1曲目は
中嶋さんのピアノソロからスタート!


中嶋さんの雰囲気同様
飄々と力の抜けた感じでポロポロ弾き始め…

令和な中嶋さん 

それが暫く続いていたら
スーッと、あの曲が始まりました。


Whisper Not


本編に入っても飄々とした感は変わらないのだけど
この感じ、何かに似てるなぁと…


そうだ…落語だ…
それも年季の入った落語家が
メインの小噺に入る前にやる枕のような感じ。


出るトコ、抜くトコ、
重厚感と軽快さに安心感があって
そのバランスが絶妙だった。


そんなことを思っている間に
アタシの出番…笑


急遽入れ込んだ
Pennies From Heavenから…


初共演の1曲目から
掛け合いなんて早いかな?とも思ったけど
やってみたら、やっぱり楽しかった!😆

令和Live中嶋さんとアタシ 

お次のナンバーは、GWも意識して
飛行機でリオ・デ・ジャネイロまで会いに行く
という Song of The Jet を…


その次は多分1年ぶりじゃないかな?
久々に唄った Rose Tattoo 。


バラが咲き始めると、
レパートリーにしていたことを思い出すという、、、


中嶋さんのピアノが
ドラマティックで素敵だったなぁ〜


その次は、
On The Street Where You Live 。
コレは、今回特にやりたかった一曲。


というのも数年前、
私が身体的にも精神的にも
一番辛くて苦しかった時期に、
私の練習を中嶋さんに
お付き合い頂いたことが何回かあり、
その音源を元に、この曲を練習していたので、
練習ではなく、Liveでやりたかったのです。

何だか「感無量」という言葉が
ピッタリな気持ちになりました。


それから、コレもやりました。
Wives & Lovers 。


この曲は、様々な方と演ってきたので
どんな感じになるのか?楽しみな一曲でもありましたが、
やはり中嶋さんとのコレも美しく、
鮮やかな雰囲気になりました。


その次に唄ったのは
この日どうしても唄いたかった一曲、
What A Wonderful World 。


正直、もう少し訓練してから
出したい気持ちもあったけど、
この令和初日だからこそ唄っておきたい!
という私なりのメッセージがあり、
この曲を選びました。


唄っている途中からお客様が涙されており、
確かに今の私は拙い所ばかりだけれど、
何かしらは伝わっていたのかも、と…


なので、
結果的には
唄えて良かったと思いました。


1st. 最後の曲は、
左手が安定している中嶋さんなら
ピアノ一本でもイケるのでは…?と思い、
選んだナンバーでRoute 66!


4beatでは演らず、ベースパターンが重要なので、
普段ならベーシストが入る時しか演らないのですが、
さすが中嶋さんです!
まさに No Problem!ってな感じで
楽しく唄えました。


2nd. の1曲目も
中嶋さんのソロピアノで
Ladies in Mercedes 。


1st. でソロを弾かれた時にも感じたけれど、
音の強弱に関わらず、一音一音スコーンっと射貫くような
繊細且つ、力強いタッチで弾かれ、
クリアーで美しい音だなと…
この曲でも、そんなことを感じたナンバー。


そこへワタクシ登場〜!😅
You Took Advantage Of Meで、
掛け合いも演りつつスタート!☝️


お次は、ワタクシのアルバムの中から
Ain't Misbehavin を…


このテンポとかニュアンスって
中嶋さんお上手なのでは…?
と思い、
チョイスしてみたら
やっぱり👏👏👏な感じでした〜


その次は、雨にちなんで
I' ll Wait For You を…


この曲に限らず、
まだまだ色々改善しなくては
いけない点があるけれど、
久々に今回のLiveの為にコレを練習してみたら
筋力がだいぶ定着してきたからか、
前よりも支えが効き、ブレスコントロール含め、
唄いやすくなっていたので、
もっと歌心を乗せるべく、
この曲をキッカケに声のボリュームに
変化を付けてみることにしました。


そのことにより、
発声のバランスが崩れてしまう箇所も
今は出てしまうこともあるから、
そこが今後、近々の課題かなと…


って、昔は当たり前のようにやれていたし、
ボリュームに限らず、
かなり色々な音色も出していたから
これはほんの僅かな一歩でしかないけれど…


でも、前に進めたことには変わりないので
自分を信じて練習を重ねていくしかない、
と改めて思っています。


そして、その次に唄ったのは…
When You Wish Upon A Star 。


コレも令和になったからこそ
唄っておきたかったナンバー。


お次は、1st. のOn The Street〜と同様で、
中嶋さんと練習ではなく、
Liveで演りたかったナンバー。


その次は、まぁ別に内容的には
令和と絡めるほどではないけど、
タイトルからしてイイ感じでしょ?
ってなことでチョイスしました〜😅


最後はワタクシの closing theme
Sleepy Time Gal でオヤスミナサ〜イ🎶

中嶋さんと私Live後 

とまぁ長々と連ねてみましたが、
やはり新しい元号『令和』初日Live
ということや、
初共演の中嶋さん、ということも重なり、
また2008年以降からの7〜8年間が
人生の中で最も辛い時期だったので、
令和初日の朝、鏡に映った自分を見て
正直、ウルッと来てしまいました。


それは、辛かった記憶に対しての涙ではなく、
あの頃まったく想像していなかった幸せな今の自分に
驚き、感激したのです。


音楽とは『音を楽しむ』と書きますよね。


本当に僅かながらではありますが、
日々、元の声の状態に近付いてきています。


もう完全に戻らなかったとしても
戻らないことに焦ったり嘆くのではなく、
今日の自分、今の自分を受け入れつつ、
少しでも戻るよう訓練を積み、その変化をも楽しみながら、
令和時代は朗らかな気持ちで
音楽に向き合っていきたいと
今はそう思っています…


変化するワタクシを
これからも応援して頂けたら嬉しいです。
改めまして、
どうぞ宜しくお願い致します!♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪


さてさて、
お次のLiveはと申しますと〜…
中々スケジュールが合わず、
ようやく久々に集結です!
この機会、お聴き逃しなく!!!

2019年5月16日@本郷 ファルセッターズ_convert_20190508233951 



■ SET LIST ■

<1st.>
1.Whisper Not (piano solo)
2.Pennies From Heaven
3.Song Of The Jet
4.Rose Tattoo
5.On The Street Where You Live
6.Wives & Lovers
7. What A Wonderful World
8.Route 66!

<2nd.>
1.Ladies in Mercedes (piano solo)
2.You Took Advantage Of Me
3.Ain't Misbehavin
4.I'll Wait For You
5.When You Wish Upon A Star
6.My Funny Valentine
7.' S Wonderful
8.Sleepy Time Gal


vo)Yuuki Yoshida pf)George Nakajima



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽
glatitude と言えば…
ワタクシが活動15周年を記念し
2008年秋に発売したアルバムのタイトル。

意味は「感謝」や「感謝する」
と言った意味なのですが、
昨夜0:00を過ぎてから今に至るまで
今日は沢山の方々から
お祝いのお言葉を頂戴し、
嬉しく思っております。
皆さま…ありがとうございました!🙇
thank_you_convert_20190505223240.jpg 
もうこの歳にもなると
5/5は単なる昨日の続きであり、
特別感は殆どありませんが、
昨年の5/5よりも元気で、
もっと言えば、この10年程の中では
一番元気に、そして穏やかに迎えられており、
素直に嬉しく思っています。

当然ながら、
年齢は増してしまいましたが、
これからも感度良く、
フィーリング重視で
メチャクチャな自分に振り回され、
そして持て余しながら
そろり…ふわり…と生きていきます。


#今朝のゴハン
#バゲット #バタートースト
#ズッキーニ のお手製 #トマトソース
#ゆで卵
#お手製 #カボスドレッシング 和え #サラダ

今朝 


#生徒さん達から頂いた #プレゼント
#チョコレート菓子

お菓子上から 

お菓子側面 

お菓子中身 


#ご近所のお宅
#桜の木に #サクランボ が成るのね
#たわわに実っていて #ビックリ

さくらんぼ大_convert_20190505223309 



テーマ:*感謝そしてありがとう* - ジャンル:日記