Vocalist 吉田有希のBlog
2017/03«│ 2017/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05
14:12:00
今日から9月。
秋らしいお日和が続いてますね。

さて、お礼が大変遅くなりましたが、
過日行いました水道橋@東京倶楽部でのLive、
お越し頂いた方々、ミュージシャンのお三方、そしてお店の方々、
ありがとうございました!!!

今回は、ピアノの出口誠さんとは恐らく7~8年振りの再会だったので、
お会い出来た時には、凄く嬉しかったなぁ~

それから、今年5月に初めて共演させて頂いたドラムの岡田朋之さん、
数ヵ月後に再共演させて頂けるとは・・・!

そして今回のLiveの影の立役者とでも言うべきベースの磯部英貴さん、
随分と前に共演させて頂いた以来、ご一緒できぬまま、
ワタクシがLiveをお休みしてしまったのですが、
今の世の中とても便利なもので、
フェイスブックにて交流させて頂くうち、仮想的に(笑)親しくなったのです。

ワタクシが活動休止中、心を寄せて下さったミュージシャンが沢山おり、
磯部さんもそのお一人。

有り難いことに、本当に沢山のミュージシャンから温かなメッセージを頂いてきたもので、
再開の折には、お返しといっては何ですが、
お仕事をお願いしようと思っていました。

そして、いざLiveを企画するたび、
どの方にお願いしようか、毎回凄く迷うのです。

で、今回は磯部さんにしてみよう!
ということで、話が進んだワケですが、
場所も含め、ミュージシャン選びから、
お忙しいにも関わらず誠実にご対応いただき、
本当に感謝しております!

本番前

トリオ演奏

さてさて、本題ですが・・・
いや~、やっぱりワタクシは本当に不器用だなぁ~
ということを激しく痛感しております(笑)

具体的なことは控えますが、
なかなか思うようなスピードでは物事が運ばないものだなと、、、

ただね、全て反省というワケではなく、
Live翌日はマイケル・ジャクソンのお誕生日だったので、
マイケルのナンバーをピアノトリオで数年振りに唄え、
間奏時には、感動してウルウルしてしまって、
悦びながら唄えたりもしたし・・・

また、久々に出口さんとお話させて頂く中で、
恐らくご本人としては何気ない言葉だったと思われますが、
ワタクシにはとても響いたお言葉を沢山お聞きすることができ、
音の交流は勿論のこと、
貴重な時間を過ごさせて頂きました。

いま急に思い出しました。

『 僕は、勝手に「人薬(ひとぐすり)」と呼ンでいる。
人に傷つけられたり、人のせいで病ンだりするンだけど、
癒してくれるのも、治してくれるのも結局「人」なンだよね。
人薬、おすすめです。(小池一夫)』

今のワタクシは、心が病んでるワケではないけれど、
歌は日々回復を目指している最中。

Liveをやることで、得られることが沢山ある。
直ぐには結果は出ずとも、
きっといつかは生かされる日が来ると・・・

回を重ねることで、問題点への対処方法も、やりながら出来るようにもなってきて、
そういう意味では、やはりLiveを続けていくことの大切さを
改めて感じた一夜でした。

そうそう!
この日は、ワタクシが二十代の頃に知り合ったお客様が、
数年振りに岡山からいらして下さり、
何と素敵なコーヒーカップを頂戴しました。

あまりに素敵で、帰宅後すぐに写メしてしまったほど。

カップ

Mさま、ありがとうございました~♪
大切に使わせて頂きます。

これからも日々楽しみながら、
闘って参りますので、
皆さま引き続き、応援のほど宜しくお願い致します!

終わって2_convert_20150901134437

終わって1


■ SET LIST ■

<1st.>
1.うぅぅ…失念っ! (Instrumental)
2.Day By Day
3.Last Night When We Were Young
4.Don't Get Aroun Much Anymore
5.A Song For You
6.One Note Samba

<2nd.>
1.Spring Really Hang You Up The Most (Instrumental)
2.There Will Never Be Another You  
3.Ain't Misbehavin'   
4.Song Of The Jet
5.One Day In Your Life
6.' S Wonderful

<3rd.>
1.うぅぅ…またも失念っ!(Instrumental)
2.Softly, As In A Morning Sun Rise
3.So Nice (Summer Samba)
4.Charade
5.Theme From Mahogany
6.‘Tis Autumn

Yuuki Yoshida(Vo) Makoto Deguchi(Pf) Hideki Isobe(WB) Tomoyuki Okada(Ds)




コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://yuukiyoshida.blog10.fc2.com/tb.php/1004-7ad8b863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2カウンター
プロフィール

Yuuki Yoshida

Author:Yuuki Yoshida
♪吉田有希♪

祖父は紫綬褒章、舞踊芸術賞を受賞の藤間秀斉、
父は元ジャズ・ヴォーカリストで、
日本ビクター音産のジャズ部門プロデューサー ビリー吉田の
長女として東京港区に生まれる。

3歳からバレエを18年、5歳からピアノを12年間習う。

高校卒業後、村上京子にジャズ・ヴォーカルを師事。

1993年よりTHE SHINY STOCKINGSへ加入と同時に、
ソロ・ヴォーカルとしてもライヴ活動を開始。

2003年よりVocal School【ZERO】を主宰し、
教育を通じての活動も行いる。
日本音楽指導員認定協会会員。

2005年12月をもって同グループを脱退。

2008年には、ファーストアルバム 【glatitude】 を発売。

しかし翌2009年より体調を崩し、
その後数年間、ライヴ活動を休止。

その間、死の宣告を数回され、
2度の開腹手術を受けるも、奇跡的に回復。

2013年より、主宰する【ZERO】の他、
吉祥寺・三鷹のカルチャースクール
Jazz Timeにて、講師も務める。

2015年5月より約7年間のブランクを経て、
ライヴ活動を再始動。

現在、都内近郊のライヴハウスを中心に、
様々な編成で活動中。

スタンダードジャズや映画音楽を中心に、
ボサノバ ・ ポップス ・ ラテン ・ J-ポップ等、
レパートリーも幅広い。

自然体でソフトなフィーリング、
スモーキーなハスキー・ヴォイスで唄うヴォーカリストである。

♪Official Web Site♪

【主な活動スポット】
上野 『Aries』 ・ 本郷/水道橋 『東京倶楽部』 ・ 大久保 『Boozy Muse』 他
______________________

☆ 2008年10月25日にFirst Album【glatitude】(3,000税込)が発売されました!!!☆

●○● 収録曲 ●○●

1)Nice Work If You Can Get It
2)恋人も濡れる街角
3)But Not For Me
4)One Note Samba
5)Stompin' At The Savoy
6)Sweet Memories
7)Ain't Misbehavin'
8)Old Devil Moon

↑YouTubeで試聴できます!曲名をクリック!


≪サポートメンバー≫

Sound Director/G/Arr/Cho)吉原寛治 Pf/Arr)岩谷泰行 W.Bass)高尾幸宏
E.Bass)山口良夫 Ds)日高弘 Key)清水ゆかり
Cho)吉田夏希

◆◇◆ CDご購入方法 ◆◇◆

※メールにて承ります。

●メールのタイトルに 『CD購入希望』と、お書き添えの上、
お名前/ご郵送先ご住所/ご希望枚数 も併せてご明記いただき、
officezero55@gmail.com までご注文くださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック