みなさま、こんばんは。

今回は、まぁ雑記のような、とりとめの無い内容ですが、
暫しお付合い下さい・・・(笑)

ワタクシは一般的には、ジャズヴォーカリスト
というカテゴリーに属する者になるかと思うのだけれど、
自分自身は、そんな意識は無くて、
ただただ1拍を長く唄いたい、
バックバンドと歌ではなくて、
声っていう楽器でコードの中のリード楽器をたまたま担ってるくらいな感じで、
サウンドの一つとしてのイイ音が出したい、スイングしたい、
ソレを念頭に唄ってきた。

当然ながらヴォーカリストも様々で、
地声で如何に高い声を出せるか、とか
如何に大きな声で唄えるか、とか
色々なヴォーカルの方がいらっしゃるし、
ソレをどうこう言うつもりは毛頭ない。

ただ、これは何となくなんだけど・・・
どうもワタクシはこれらに反したモノに惹かれ、
始めは無意識に、そして段々と意識的に
それを実践してきた気がする。

ここ数年、ワタクシには色々あったワケだけれど、
昨年の10月頃からまた練習を始め、
ゼロ、いや、正確にはマイナス状態からのスタートは、
正直、順風満帆というワケではない。

だけど、いま改めて自分が出したい音、
自分がやりたい音楽、
そういったものが、少し明確になってきたような気がする。

ちょっと話が逸れるようだけれど…
とあるレストランへ行った時のこと。

一口目はドカ~ンってくるくらい美味しい。
でも食べ進むうち、美味しすぎて、
『 もういいや… 』 っと途中で手が止まった経験が幾度もある。

結局ワタクシが何度も通うお店は、
一口目は『 うん、美味しいなぁ… 』 くらいで始まり、
食べ進むうち、ジワジワ美味しさが来てムフフッとなり、
食べ終わった時に、『 あぁ~美味しかったぁ~!』 となる、
そんなお店は、また行きたくなるのである。

さて、話を音楽に戻すと…
ワタクシもそんな歌が唄いたいなと。

パッと聴いた時には大してインパクトがなくとも、
何ならスゲェーッ!ってなことを思われない歌。

何じゃそりゃ?って思われたかもしれませんが、
つまりは聴いて下さった方が、
『 特別上手いワケでもないんだけど、でも何だか…な~んかイイんだよなぁ~ムフフッ 』
って思って頂ける、そんな歌が唄いたいなって…

今までもそのつもりではいたけれど、
改めて今、喋るように、頑張ってない、
地味~で疲れない音を出せるように
そんなアタシの音を出せる日を目指して、
練習で、Liveで唄いたいなぁ・・・




Secret

TrackBackURL
→http://yuukiyoshida.blog10.fc2.com/tb.php/1006-da2a8616