義理・人情 欠くべからず

先月末の出来事。

ケータイから電話の呼び出し音、
画面を確認すると、
ワタクシが十代の頃、
初めてvocalistとして働き出したお店のママさんからだった。

彼女には物凄くお世話になり、
本来なら直ぐに電話に出なくてはいけないのだが、
彼女の電話に出るということは、
長電話になるということを覚悟しなくてはならず(笑)
その時のワタクシはLiveを控え、練習に集中したかったので、
申し訳ない思いはありつつ、電話には出なかった。

そして今日の夕方、やっとスケジュールも気持ちも落ち着いていたので、
ママさんへ電話をした。

まぁ結果、相変わらずの長電話にはなったのだが、、、(笑)
でも、やはり電話をして良かったなと…。

ワタクシの声が、以前よりもシッカリ出ているのが判ると仰って頂け、
またワタクシが最近Liveを再開し、頑張っていることを喜んでも頂き、
今まで苦しい時も、ずっと心を寄せて下さっていたので、
今の元気な状態をご報告も出来て、嬉しかった。

ちょっと話が前後してしまうけれど、
これまた先月末、今はポーランドに音楽留学している男の子が、
わざわざワタクシに会いに来てくれた。

彼とはワタクシが行きつけのcafeで知り合い、
まぁ仲良くおしゃべりはしていたけれど、
当時の彼はまだ音大生で、ワタクシとはかなりの年齢差。

個人的には彼のことを好いてはいたけれど、
あっ、Likeって意味でね(笑)
でも、彼はワタクシのことを
たまたま出逢っただけの、いちミュージシャン
ってな風に思っているんだとばかり思っていた。

ところが、ワタクシが最初の入院をしていた時、
何回も温かなメッセージをくれたのである。

1回だけでも驚いたのに、何度も頂いた時には、
本当に心の奥底から感謝の念を抱いた。

その後、彼を連れて若手のピアニストを聴かせようと
Liveへ一緒に行ったり、
お茶を飲んでお喋りしたりしたこともあった。

その男の子が、サプライズ的に会いに来てくれて、
いや~ホント嬉しかったし、
そして、あの頃伝えられなかった感謝の念を言えたので、
ほんの小一時間ほどだったけれど、
とても満たされた時間だった。

ちょっと話が変わるようだが、
つい先日、とあるミュージシャンからメアド変更のメールが来た。

この方も本当にお世話になった方で、
本来なら、とあることにも触れた内容を書こうか凄く迷ったけれど、
今はちょっとソレが出来ないので、
敢えてソレには触れず、ある種、事務的な返信をしてしまった。

実はまだ他にも、諸事情により不義理をしたままの方々が沢山いて、
いつも心に引っかかりながら過ごしている。

なかなか思うように、その義理を果たせないけれど、
順次お返ししていきたいと思っている。

今の時代には、場合によってはキッチリし過ぎてめんどくせっ!
って思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
ワタクシはヒトが好きだし、
それに古いタイプの人間なので、
義理・人情は欠くべからず、
が信条みたいなニンゲンです。

だから、やっぱり心でもってヒトと触れ合いたいのです。

話は最初に戻りますが、
十代の頃からお世話になったママさんのお店、
「 マダム夕雨子 」 という店名で、
何と今年で37年も銀座のド真ん中で営業している
今や銀座でも有名なママさん。

35周年の時には、ワタクシが喋る声も危ういくらいの状態で、
大勢の人前に出られる心境にもなれず、
ましてや他のミュージシャンの演奏を
笑顔で聴いていられる精神状態でもなかったので、
何度もお声掛け頂きながら、頑なに断り続けた過去があった。

今日の電話で、先日37周年のお祝いをしたばかりだと仰った後、
『 40周年の記念パーティーでは、有希ちゃん唄ってね!』
と言って下さり、ワタクシは間髪入れず
『 今度は絶対に伺います!唄わせて頂きます!もう大丈夫ですから!』
と言えた自分に内心驚きながら、そう返していた。

これからも色々な方に助けて頂きながら生きていくだろうけれど、
自分なりに出来る限りお返ししながら、
ヒトとして成長していきたいと思っています・・・




.07 2015 未分類 comment0 trackback0

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yuukiyoshida.blog10.fc2.com/tb.php/1007-5cd9da55

FC2カウンター

プロフィール

Yuuki Yoshida

Author:Yuuki Yoshida
♪吉田有希♪

祖父は紫綬褒章、舞踊芸術賞を受賞の藤間秀斉、
父は元ジャズ・ヴォーカリストで、
日本ビクター音産のジャズ部門プロデューサー ビリー吉田の
長女として東京港区に生まれる。

3歳からバレエを18年、5歳からピアノを12年間習う。

高校卒業後、村上京子にジャズ・ヴォーカルを師事。

1993年よりTHE SHINY STOCKINGSへ加入と同時に、
ソロ・ヴォーカルとしてもライヴ活動を開始。

2003年よりVocal School【ZERO】を主宰し、
教育を通じての活動も行いる。
日本音楽指導員認定協会会員。

2005年12月をもって同グループを脱退。

2008年には、ファーストアルバム 【glatitude】 を発売。

しかし翌2009年より体調を崩し、
その後数年間、ライヴ活動を休止。

その間、死の宣告を数回され、
2度の開腹手術を受けるも、奇跡的に回復。

2013年より、主宰する【ZERO】の他、
吉祥寺・三鷹のカルチャースクール
Jazz Timeにて、講師も務める。

2015年5月より約7年間のブランクを経て、
ライヴ活動を再始動。

現在、都内近郊のライヴハウスを中心に、
様々な編成で活動中。

スタンダードジャズや映画音楽を中心に、
ボサノバ ・ ポップス ・ ラテン ・ J-ポップ等、
レパートリーも幅広い。

自然体でソフトなフィーリング、
スモーキーなハスキー・ヴォイスで唄うヴォーカリストである。

♪Official Web Site♪

【主な活動スポット】
上野 『Aries』 ・ 本郷/水道橋 『東京倶楽部』 ・ 大久保 『Boozy Muse』 他
______________________

☆ 2008年10月25日にFirst Album【glatitude】(3,000税込)が発売されました!!!☆

●○● 収録曲 ●○●

1)Nice Work If You Can Get It
2)恋人も濡れる街角
3)But Not For Me
4)One Note Samba
5)Stompin' At The Savoy
6)Sweet Memories
7)Ain't Misbehavin'
8)Old Devil Moon

↑YouTubeで試聴できます!曲名をクリック!


≪サポートメンバー≫

Sound Director/G/Arr/Cho)吉原寛治 Pf/Arr)岩谷泰行 W.Bass)高尾幸宏
E.Bass)山口良夫 Ds)日高弘 Key)清水ゆかり
Cho)吉田夏希

◆◇◆ CDご購入方法 ◆◇◆

※メールにて承ります。

●メールのタイトルに 『CD購入希望』と、お書き添えの上、
お名前/ご郵送先ご住所/ご希望枚数 も併せてご明記いただき、
officezero55@gmail.com までご注文くださいませ。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード