未分類

生の営み

皆さま、こんばんは。

今日も東京はハッキリしない天候で、
お洗濯を部屋干しにするか、
このまま溜め込んで晴れるまで待つか、
ここ数日は、お空と睨めっこ状態です、、、

ドンヨリな空模様が続くと、
何となく気分もユルユルドヨ~ンな感じ。

普段なら、そんな気分も無理やり上げ、
次のLiveへ向け、
何処かバタバタと追われる感じですが、
たまたま前後のLiveスケジュールの兼ね合いで、
暫くLiveが無いので、
特にここ数日は、音楽をゆっくり聴いたり、
本を読んだり、調べ物してみたり、
もちろん、練習したり…

ゆっく~り深呼吸をしているような
そんな毎日を過ごせています。

先日、友人に連れられ、
上野にあるザ・昭和!な喫茶店にて
お茶をしました。

看板

サンプル

店内は…

シャンデリア

店内

壁面

折角なので、ミルクセーキを所望!

ミルクセーキ

しかもね、この黒いテーブル、
何と!あのインベーダーゲームのテーブルなの!
テンション上がったわぁ~

と少々前談が長くなりましたが、、、
さて、その友人との会話から…

何がキッカケだったか忘れましたが、
共通の旧友(男性)の話になった。

共通の旧友は
「モノがあり過ぎる、便利すぎる、
それらに支配されている限り、
本当に幸せにはなれない」
との思いから、
ある日を境に東京を離れ、
いま彼は結婚し、子沢山に恵まれ、
暮らしているのだそう。

朝は子供たちに薪割りをさせ、
最低限度のお金と、仕方が無いのでケータイ電話を1台だけ、
あとは自給自足で暮らしていると…

そんな彼の表情は、本当に幸せそうなのだそうだ。

幸せとは、一体何なのだろう…?

当然、人それぞれ考え方が違えば、
幸せの基準も形も皆違う。

彼のような生活は体験してみたいけど、
それはあくまでも、ある種イベントとして、
数日キャンプをするような感じならば楽しめるだろうが、
これが生活となれば、今のワタクシにとっては、幸せとは言い難い。

もしかしたら彼も昔は、
今のワタクシのような、
まぁいわゆる都会の人達が暮らしているようなスタイルの中にいても、
それなりに幸せを感じていたのかもしれなくて、
何かをキッカケに、もしくは段々と、今の考えに至ったのかもしれない。

その辺りのことは話題に出なかったので、
現時点では分からないけれど、、、

人間の根本は、そう変わることはないであろう。

けれど、生きていく中で受け止め方や受け入れ方、
価値観、優先順位、発想等、
出逢うヒトや自分の身に起こった出来事により、
若い頃には微塵も思わなかったことが、
自然と湧いてきて、また変わった自分に驚いたりもして…

人としての日々の営み、
それらは先々の自分の宝にも垢にもなる。
どちらになるか、日々試されてるとも言える。

いや、そんなことを始終考えながら生きてるワケではないけれど、
でも頭の片隅には、常にソレがある。
恐らくそれは、母の影響が強いのだろう。

幼き頃から母はワタクシに言っていた。
「日々の生き方が、顔にも佇まいにも出るのよ」
と…

自分ではそんなに自覚はないのだが、
家族に言わせるとワタクシは生真面目らしく、
そんな母の言葉を、まるで呪文を唱えるように
信じ込んで生きてきた。

確かに母の言葉は一理あり、
それで人間関係で助かってる部分もある。

けれど、それを生真面目なワタクシは、
何処かで恐怖感すら持ち合わせながら生きてきたから、
ソレに対しての疑問も抵抗感も抱かず生きてきた。

まぁこれが正しいのか否か、
未だに正直よく判らないけれど、、、

snsを日々見ていると、
かつて共演したことのあるvocalや、
かつて生徒だった、または現在も生徒のvocalの人達が、
目覚しい活躍をしている。

全く嫉妬しない、焦らないと言えば、嘘になる…

けれど、思い返してみれば、
かつて月に10本、いや、もっと多くLiveをやってた月もあった頃、
何処かヤッツケ的な消化Liveをしていたことがあった。

神様ってぇ~のがいるとしたならば、
それって音楽を冒涜していたり、ゾンザイに扱ってしまってたなと、、、
だから、天罰が下ったのかも…笑

沢山のLiveをやりたい気持ちが無いワケではない。
けれど、今のワタクシには月2本くらいが
ココロにもカラダにも丁度いいみたい。
そう、分相応に…ってヤツ。

正直、気持ちや準備時間だけで言えば、
月2本でも多いかも?
って思ってもいる。

そんな本数では、プロって言えないのでは…?
と言うヒトもいるだろうし、
もっと言えば、せめてもう少し色々積み直してからにしたら…?
と思うヒトもいるであろうことは、百も承知である。

でも、やはり練習だけでは出来ないことや、
Liveでしか掴めない感覚、
それに気が小さいワタクシにとっては、
度胸試しの意味でも、
Liveはやりたいし、またこのくらいの間隔が程良いのだ…。

昔では考えられない。
昔のワタクシなら、こんなワタクシと共演したならば、
心の何処かで、蔑んでいただろうし、
そんなのプロじゃないじゃん!ってバッサリ切っていただろう…

だから、実際に共演させて頂いたミュージシャンの中には、
それを感じる方も何人かいて、
まぁ正直、傷つかなかったワケではないけれど、
その気持ちは凄く良く解るし、
だから、その方々を批判するつもりは毛頭ない。

それなだけに、いま頻繁に共演させて頂いている方々には、
より一層の感謝の念を抱くし、
なかなか結果は出せないけれど、
日々の営みが、少しでも音に織り込むことが出来たり、
Liveとしてもお客様に対し、イイ時間となるよう、
これからも丁寧に、それこそマジメに(笑)
ゆっくりと生きていきたいなぁ…

ハガキ素材 ハーブ



0コメント

コメントの投稿

0トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2カウンター
プロフィール

Yuuki Yoshida

Author:Yuuki Yoshida
♪吉田有希♪

祖父は紫綬褒章、舞踊芸術賞を受賞の藤間秀斉、
父は元ジャズ・ヴォーカリストで、
日本ビクター音産のジャズ部門プロデューサー ビリー吉田の
長女として東京港区に生まれる。

3歳からバレエを18年、5歳からピアノを12年間習う。

高校卒業後、村上京子にジャズ・ヴォーカルを師事。

1993年よりTHE SHINY STOCKINGSへ加入と同時に、
ソロ・ヴォーカルとしてもライヴ活動を開始。

2003年よりVocal School【ZERO】を主宰し、
教育を通じての活動も行いる。
日本音楽指導員認定協会会員。

2005年12月をもって同グループを脱退。

2008年には、ファーストアルバム 【glatitude】 を発売。

しかし翌2009年より体調を崩し、
その後数年間、ライヴ活動を休止。

その間、死の宣告を数回され、
2度の開腹手術を受けるも、奇跡的に回復。

2013年より、主宰する【ZERO】の他、
吉祥寺・三鷹のカルチャースクール
Jazz Timeにて、講師も務める。

2015年5月より約7年間のブランクを経て、
ライヴ活動を再始動。

現在、都内近郊のライヴハウスを中心に、
様々な編成で活動中。

スタンダードジャズや映画音楽を中心に、
ボサノバ ・ ポップス ・ ラテン ・ J-ポップ等、
レパートリーも幅広い。

自然体でソフトなフィーリング、
スモーキーなハスキー・ヴォイスで唄うヴォーカリストである。

♪Official Web Site♪

【主な活動スポット】
上野 『Aries』 ・ 本郷/水道橋 『東京倶楽部』 ・ 大久保 『Boozy Muse』 他
______________________

☆ 2008年10月25日にFirst Album【glatitude】(3,000税込)が発売されました!!!☆

●○● 収録曲 ●○●

1)Nice Work If You Can Get It
2)恋人も濡れる街角
3)But Not For Me
4)One Note Samba
5)Stompin' At The Savoy
6)Sweet Memories
7)Ain't Misbehavin'
8)Old Devil Moon

↑YouTubeで試聴できます!曲名をクリック!


≪サポートメンバー≫

Sound Director/G/Arr/Cho)吉原寛治 Pf/Arr)岩谷泰行 W.Bass)高尾幸宏
E.Bass)山口良夫 Ds)日高弘 Key)清水ゆかり
Cho)吉田夏希

◆◇◆ CDご購入方法 ◆◇◆

※メールにて承ります。

●メールのタイトルに 『CD購入希望』と、お書き添えの上、
お名前/ご郵送先ご住所/ご希望枚数 も併せてご明記いただき、
officezero55@gmail.com までご注文くださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード