Vocalist 吉田有希のBlog
2017/03«│ 2017/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05
01:20:00
みなさま、こんばんは。

ここ数日は、一日の中で寒暖差があって、
お昼間は気持ちがいいのですが、
日が陰ると、おっと!ってなるくらい寒くなって、
着るものが難しいですね。。。

さてさて、先日12/1 は、
上野ARIESにて、Two of Us 第7弾!に
ピアノの小野孝司サンをお迎え致しました。

小野さん

いらして下さったお客様、
ありがとうございました!(^-^)/

今回、やってみて思ったことは、
自分が患っている上咽頭炎をナメてたというか、
自分を過信していたことによる判断ミスで、
せっかくの素晴らしい小野さんのサウンドを
楽しむ余裕のないまま終わってしまい、
非常にしょっぱい、
そして後悔の残る一夜となってしまいました。

大 寂し気なアタシ_convert_20161205005439

原因は複数あり、
一つには前回(11/22)にやったLive後のスケジュールが、
今の自分にはオーバーワークだったこと。

そして、本来ならばLive前に治療へ行くところを、
過密スケジュールを組んでしまったが為に、
遠い病院へ通うには、
かなりの無理をしなくてはならず、
体力温存と時間を優先してしまったこと。

それらは結局、
前回のLiveが、本当に久しぶりに殆どストレス無く唄えたので、
『そんなに間も空いていないし、もしかしたら次も何とかなるのでは…?』
という過信が、失敗を招いてしまったのです。

大 虚ろアタシ_convert_20161205005410

でも今回、小野さんとご一緒できて良かった…
と心から思いました。

大 笑顔なアタシ_convert_20161205005503

というのも、リハを終えた時点で、
小野さんから 『頑張れっ!』 と、お言葉を掛けて頂いたお陰で、
1セット目は、リハの時よりも力を抜き、落ち着いて丁寧に唄えたし、
本番が始まる前や、休憩時間、
それから比較的ご近所さんということもあり、
帰りも途中下車して打ち上げもしたのですが、
車中での会話や打ち上げでの会話など、
小野さんからは沢山の励ましや、アドバイスを頂きました。

様々なお言葉の中で、
『人生の中で、無駄なことなんてない。 意味のあるもの…』
と仰られ、もちろんソレは良く聞くフレーズだし、
ワタクシ自身もソレを感じる出来事が
今までも数え切れぬほどあったけれど、
この日は改めて、小野さんとご一緒できたことこそが、
必然であり、意味あるものだったのだ…
ということを、改めて感じた一夜でした。

今回のLiveは、確かに自分として
納得のいかない内容にはなってしまいましたが、
治療との向き合い方を、また一つ知ることが出来たので、
やはりやって良かったのだ、と今は思えています。

嬉しかったことも実は他にもあって、
この日、小野さんが1セット目で弾かれた曲、
何とユーミンの「春よ、来い」だったのですが、
アレンジが凄くステキで、
それをお伝えしたところ、まさかの
『今度、僕のアレンジで唄ってよ!』
と仰って下さいました。

こんな状態のワタクシに、そんなことを仰って下さったことだけでも、
とても嬉しかったのですが、
そう思う反面、やはり悔しさが増しました。

ワタクシは今まで、日本語の歌を唄うことに
正直、どこか抵抗があり、
というか、この曲をこんな感じで唄いたい!と思わなければ、
唄う気持ちが全く湧かないのです。

随分と昔、当時大手レコード会社から日本語の曲をジャズアレンジで…
という企画を打診されたことがあったのですが、
全く唄う気持ちになれず、お断りしたことがありました。

周囲からは『折角のチャンスなのに…』
と随分と残念がられましたが、
ワタクシは頑なに受け入れませんでした。

でも今回、小野さんのその曲は、
本当に素敵だったので、
小野さんに唄ってと言われたことは、
驚きこそあれど、全く抵抗感が無かったのです。

恐らく小野さんは深い意味なく仰ったのかもしれませんが、
もう少し私自身、この上咽頭炎との付き合い方のコツが掴めるようになったら、
改めて小野さんに、『唄わせて頂けませんか?』
とお願いしてみようと思っています。

あのサウンドの中にいる自分、という世界を見てみたい…
という気持ちが、沸々と湧いてきています。

また一つ、目標が出来たな…

そうそう、それにハワイアンもやってよ!
って言って頂けたし、
昔は踊りながら唄ってもいたんだし、
来年は少しずつでも、色々なことに挑戦してみようかなぁ…
なんてワクワクもしています。

そう!
だから、失敗だけど、失敗じゃない!
そんなことを感じた今回のLiveでした。

大 お辞儀なアタシ_convert_20161205005312

小野さんとは、また何処かでリベンジしたいなぁ…

さぁ~て、お次のLiveはコツラ…

2016年12月13日@目黒TIME_OUT_convert_20161205011046

明後日には治療へ行くので、
今度こそは後悔なきLiveにするぞっ!

その他この日の詳細は
また改めてアップ致しますが、
今からぜしご予約を…!
待ってまぁ~す!!!(^∇^)ノ




コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://yuukiyoshida.blog10.fc2.com/tb.php/1093-295f92ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2カウンター
プロフィール

Yuuki Yoshida

Author:Yuuki Yoshida
♪吉田有希♪

祖父は紫綬褒章、舞踊芸術賞を受賞の藤間秀斉、
父は元ジャズ・ヴォーカリストで、
日本ビクター音産のジャズ部門プロデューサー ビリー吉田の
長女として東京港区に生まれる。

3歳からバレエを18年、5歳からピアノを12年間習う。

高校卒業後、村上京子にジャズ・ヴォーカルを師事。

1993年よりTHE SHINY STOCKINGSへ加入と同時に、
ソロ・ヴォーカルとしてもライヴ活動を開始。

2003年よりVocal School【ZERO】を主宰し、
教育を通じての活動も行いる。
日本音楽指導員認定協会会員。

2005年12月をもって同グループを脱退。

2008年には、ファーストアルバム 【glatitude】 を発売。

しかし翌2009年より体調を崩し、
その後数年間、ライヴ活動を休止。

その間、死の宣告を数回され、
2度の開腹手術を受けるも、奇跡的に回復。

2013年より、主宰する【ZERO】の他、
吉祥寺・三鷹のカルチャースクール
Jazz Timeにて、講師も務める。

2015年5月より約7年間のブランクを経て、
ライヴ活動を再始動。

現在、都内近郊のライヴハウスを中心に、
様々な編成で活動中。

スタンダードジャズや映画音楽を中心に、
ボサノバ ・ ポップス ・ ラテン ・ J-ポップ等、
レパートリーも幅広い。

自然体でソフトなフィーリング、
スモーキーなハスキー・ヴォイスで唄うヴォーカリストである。

♪Official Web Site♪

【主な活動スポット】
上野 『Aries』 ・ 本郷/水道橋 『東京倶楽部』 ・ 大久保 『Boozy Muse』 他
______________________

☆ 2008年10月25日にFirst Album【glatitude】(3,000税込)が発売されました!!!☆

●○● 収録曲 ●○●

1)Nice Work If You Can Get It
2)恋人も濡れる街角
3)But Not For Me
4)One Note Samba
5)Stompin' At The Savoy
6)Sweet Memories
7)Ain't Misbehavin'
8)Old Devil Moon

↑YouTubeで試聴できます!曲名をクリック!


≪サポートメンバー≫

Sound Director/G/Arr/Cho)吉原寛治 Pf/Arr)岩谷泰行 W.Bass)高尾幸宏
E.Bass)山口良夫 Ds)日高弘 Key)清水ゆかり
Cho)吉田夏希

◆◇◆ CDご購入方法 ◆◇◆

※メールにて承ります。

●メールのタイトルに 『CD購入希望』と、お書き添えの上、
お名前/ご郵送先ご住所/ご希望枚数 も併せてご明記いただき、
officezero55@gmail.com までご注文くださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック