2010.07.18 お泊まり
昨日、親友のタマジがウチに来た。

私が機械音痴な為、とあることで困っていたら、
わざわざ来てくれたのだ。

ところが思いの外、
時間が掛かってしまったこともさることながら、
何より彼女が“途中で止めて帰るのがイヤ”
とのことで、
結局ウチに、そのままお泊まりとなった。

一応、作業が終わり、いざ寝るとなってからは、
何だか修学旅行の夜のように、
お互い何だかんだ喋って明け方近くに就寝。

朝ゴハンを終えてからも、
昨日のこととは別件で、私が困っていることに親身になって対応してくれた。

彼女は去り際、
『また来るからさっ』
と相変わらずチョット低めのテンションで私に言って、
お仕事場に向かった。

タマジは、いつもクールにサラッと私を支えてくれる。

私には絶対できないし、カッコイイなぁって思う。

彼女との付き合いも、気付けば20年弱。

振り返ると、彼女に助けてもらってばかりで、
私は彼女に何かしたことがあっただろうか…?

どんな困難も黙って乗り越える彼女なだけに、
いつも一番大変な時に私は気付けない。

タマジへも勿論、他の親友達に対しても同様に、
いつの日か今までの恩返しがしたいなぁ…。
Secret

TrackBackURL
→http://yuukiyoshida.blog10.fc2.com/tb.php/321-c596bb46