今日は午後から、とある用件で東高円寺へ…

予定時刻よりも、だいぶ早く着き過ぎたので、
ちょっとコンビニでお金おろして、お茶でもー…
な~んて思ったのが間違いのもと。

暫しウロウロ…

ん?コンビニらしきものがー…ない。

途中、いくつかカフェを発見して、頭に入れつつ直進…

………ない!

やっと見付けたコンビニ☆

高めのサンダルを履いてたのもあり、
結構疲れたからお茶でも…

いや、時間がそれほど無い。

気付けば、バス停3つ分くらい歩いてきてしまい、
本来の目的地から離れちゃってるしー…

結局お茶はせずに戻ったものの、
知らない街を歩くのは結構楽しいし、
東高円寺は、なかなか良さそうな街だったなぁ…

帰宅後、エネルギー補給ってことで、
たらふくゴハンを喰らい(笑)、
延び延びになってたユウキ通信の作成を始めた。

今回、初の足湯しながらPC作業してみたところ、
これがメッチャいい!

作業中は気付かなかったのだけれど、
終わってPCから離れて歩き出したところ…

気付きました…

足やら体がパキパキのバキバキでないことに…

何なら、カラダ軽いかも~♪ってなくらい(笑)

これ、マジでオススメです。

で、
PC作業中から今も流れてますが、
本日の一枚は…

スコット・ハミルトン・トリオの
『No Bass The Hit』

テナーサックスのScott Hamiltonの他は、
ドラムにJake Hanna、
そしてピアノがDave Mckenna。

画像で伝わるか判りませんが、
野球のベースと、楽器のベースとをかけてるってヤツで、
まさに、このアルバムはベースレス(ベースが無い)サウンド。

スコット・ハミルトン・トリオ
っつぅ~くらいなので、
スコット・ハミルトンは良いし、
ジェイク・ハナも勿論いいのですが、
私がこのアルバムで一番惹かれているのは、
ピアノのDave Mckennaである。

とにかく、早い話が、素晴らしい!
ってことなのだが、特に左手が凄い!

私の歌の師匠は、村上京子ではあるのだが、
ピアノの小林洋のサウンドで育ったもので、
左手の素晴らしいピアニストに、
やはり惹かれてしまうのですなっ。

ベースがいないのに、このスイング感とスピード感、
そして安定感とサウンドの一体感。

いや~…
このアルバムの彼の存在は絶大だと思う。

コレを聴くたび
『このヒトのピアノで唄ってみたいなぁ…』
と思ってしまうのです。

なかなかベースレスのアルバムも珍しいと思うので、
是非とも聴いてみて、デイブちゃんの凄さを感じてみて!

ふいぃぃぃ~…
今日も色々やること多くて、
ハガキ版ユウキ通信まで出来なかったぁー…

まっ、それは明日…明日…





Secret

TrackBackURL
→http://yuukiyoshida.blog10.fc2.com/tb.php/451-300f7a62