2011.07.14 Glatitude
昨日の記事では、
『1人での荷造りが飽きたから、誰か呼ぼうっかなぁ…』
と書きました。

確かに荷造りは飽きてたし、
誰かと喋りながらしたら、少しは違うのかも…
な~んて思ったけれど、それがまさか、
ホントに誰かが来るとは…

というワケで、今日は2人で作業しました。

彼女は、昔バイトをしていたトコで知り合った中国人。

大学生だから、学校へ行きながら、
空いてる日は朝から晩まで、
2軒の飲食店でバイトまでしている頑張り屋さん。

そんな彼女が、
『ヨシダさん、大変だろうからワタシ、手伝いイクヨ』
って突然のお申し出にビックリ!

だって、プライベートで会ったことはないから、
そんなことを言って頂けるだなんて
チラリとも思っていなかったし…

そして、この暑い中、本当に来て下さいました。

来て早々、黙々と作業をこなし、
『次はナンデスカ?』『あれはイインデスカ?』
と、次々やって下さったので、
ようやくお引っ越し出来るメドが立ちました。

Kさん…
ホント~にありがとう!!!

いや~…
今回、考えてもみなかったKさんからのお申し出や、
実は今朝、生徒からも
『車も出しますので、ご遠慮なく仰って下さい。』
とのお申し出を賜り、本当に感謝しています。

その他、親友であるサナリは、音楽機材のセットアップを、
もう1人の親友タマジは、PCのセットアップを、
妹に至っては、家具や新居の採寸から、
お部屋の家具の配置にまで全面協力してもらい、
もちろん母にも一番際どい部分で助けてもらい…

身内はともかく、生徒や友人・知人は他人にも関わらず、
私から頼んだワケではないのに、
こうして助けて下さることが不思議でならない。

よく『それは、お人柄が宜しいから…』
なんてことで、話は収まりそうだが、
私は、わざわざ人柄いい代表格に挙げられちゃうほど、
人柄が良いとも思えないし、かといって悪いワケでもなく、
まぁどちらかと言えば良い方だろうねぇ~ってなくらい、
極々フツーな人間、と自分では思っているので、
何でこんなにも多くの方々が、私を助けて下さるのか、
正直、ホントに解らないのです。

それなだけに、ただただ感謝するばかりで、
私からは何のお返しも出来ず、
チョット心苦しいというのが正直なトコ。

今の私に何が出来るか解らないけれど、
感謝の気持ちを持ち続けながら、
これからも生きていかなくては…!
と改めて感じた一日でした。
Secret

TrackBackURL
→http://yuukiyoshida.blog10.fc2.com/tb.php/466-f9d539e7