ゴハンのお供に…

 08, 2012 13:04



先日パッとテレビをつけたら、
『コレは美味しい!局のお弁当にも入れて欲しい!』
と力説している。

何なんだろう…?と思ったら、番組が終了に入り、
材料だけが画面いっぱいに出ていて、
作り方は分からないまま終わってしまった…。

その後、あのタレントさんが大絶賛していた感想が引っ掛かり、
どうしても食べてみたくなっていました。

“多分こんな感じ…?”っていう、
いつものテキトーさで、先程作ってみたら、美味しいこと!

まぁ…
試すまでもなく、確実にゴハンが進むオカズになることは
判りきってはいたのですが…

というか、むしろ放送されていたモノと
同じなのかすら、既にどうでも良くて、
美味しけりゃ~いいじゃん!
っていう、これまたテキトーなことになっていることに、
いま気付いている次第でありますデス…はいっ(笑)

見栄えを考慮するならば、アサツキをパラパラ~
っと散らすと良いかも!

今時分からは、根菜類が旬で、
ゴボウは柔らかくて扱い易いし、
蓮根は安くなってきているし、
繊維質も豊富なので体にもイイし…

是非ともゴハンのお供に…な一品として如何でしょうか?

ワタクシ流レシピは以下の通り。

『材料』
★ゴボウ
★蓮根
★牛肉
★出し汁
★お醤油
★お塩
★ハチミツ
★お酒
★擦りおろし生姜の汁
★サラダ油
★ごま油
★お酢

『作り方』
1)お出汁を作る
※ワタクシは鰹の削り節でお出汁をとってますが、お好みで…

2)お湯を沸かす間に、ボールにお水を入れたら、少ーしだけお酢を垂らしたモノを用意。
そこへ、カットしたゴボウと蓮根を入れていき、
黒ずみ止めやアク抜きをしてしまう。
ゴボウは皮のまま、やや厚切りの笹垣、蓮根は一口大の薄切り銀杏切りに…。
切り終えたら、直ぐザルにあけて、水切りしておく。
長時間浸けておくと、旨味が流れてしまうので…。

3)熱したお鍋にサラダ油をしき、
牛肉を炒め、7分目くらい火が通ったら、
ゴボウと蓮根をドサッと一気に入れ、炒める。

4)一通り油が回ったら、
具材が全て被るか被らないか程度のお出汁を入れ、
少ーし多めのお酒、一摘まみ程度のお塩、
チョイと多めのハチミツ、サッとかける程度の胡麻油、
肉じゃがを作る程度の、いわゆる煮物としては多いかなぁ
って程度のお醤油を入れて、かき混ぜる。

5)強火でガーッと温度を上げたら、アクを取り、
更に牛肉も取り出す。

6)そしたら、火を中火より若干弱めにし、
味を染み込ませる。
いわゆる煮物のようにコトコト煮込むまないので、
お鍋はソコソコ、グツグツさせます。

7)煮汁が無くなるチョイ手前で、牛肉を戻し、
タップリ擦った生姜の搾り汁も入れ、
強火でかき混ぜながら全体に味を馴染ませ、
煮汁が無くなりかけたら完成~♪

普通の煮物よりも時間が掛からないので、
ホントおすすめですよ。

今夜はコレをメインに、新タマネギがあるので、
スライスして鰹節をかけたモノでも食べようかしら…








COMMENT 0

WHAT'S NEW?