変わりゆく姿

 22, 2012 18:03




先日、とあることで証明写真が必要になり、
約2年振りに撮った。

ホームページやブログの写真は、
今から多分6~7年くらい前に撮影したのだが、
その時点で、宣材(宣伝材料の略)を撮ったのも数年振りで、
出来上がったモノを見て、あまりの老けように
驚きと同時に、かなり落ち込んだ。

そんなこともあり、証明写真とはいえ、
たまたま2年前に撮ったモノが1コマだけ残っており、
今回のとジックリ見比べてみた。

当然ながら予想では、
2年前より今回の方が老けてるはずで、
見る前にはチョットした覚悟が要ったのだが、
深呼吸をして、いざ見比べてみると…

あれ???
前よりキレイになってる!

いやいや、ワタクシが綺麗だと言ってるワケではない。
自分の顔が、どの程度か、自覚はありますもの。

振り返るほどブサイクでは無いけれど、
驚くほどの美人でもない。

至ってフツーの顔立ちだってことくらい、
よぉ解っとりますがなっ(^_^;)

じゃ~前述の言葉は何なんだ?!っつぅーと、
要は、2年前よりも顔つきがスッキリしていた
っつぅーことです。

どちらも証明写真なので、何にも加工もしていない分、
そのまま実像が否応なしに写し出されてしまうので、
良くも悪くもバッチリ出ちゃうから、
だからこそ驚きもあり、発見もあったので、
今の自分を知ることが出来た。
(ちなみに、画像1が2年前で、画像2が最近のワタクシ)

確かに、今から2年前くらいは、
その数年前からの様々な出来事から、
身心ともにボロボロになり、
ようやく立ち上がっても上から火の粉が飛んでは爆発し、
火消しでボロボロになっては、また立ち上がり、
また火の粉が飛んできて…

といった具合で、
とにかく負のスパイラルにグルグル巻きにされて、
それでも走り続けなきゃいけなくて、
今にして思うと、完全に空回りしていたし、
何処に向かって生きているのかも解らなくて、
ほんとグチャグチャになっていたなぁって思う。

そこから抜け出し、這い上がろう…と、もがいて約2年。

まだまだ地上にすら到達してないけど、
それでも、さすがに地上の近さを
最近は感じるくらいになり、
たまたま今回このタイミングで撮ったワケだが、
生きざまが顔に出るもんだなぁ…
と改めて感じた一枚だった。

この先、更に美しく輝けるのだろうか…

さて、次の一歩は何処へ出そう…










COMMENT 0

WHAT'S NEW?