自分の考えや想いを、メールで伝えること…

今やこれらの行為は、
まるでゴハンを食べるとか、
大袈裟に言えば空気を吸うとか、
それらと同じような感覚なほど、
今の自分の生活に溶け込んでいる。

今や、すっかりメールばかりになってしまったが、
本来ワタクシは、お手紙を書くことが好きだった。
いや、今でも好きだし、昔に比べれば激減はしたが、
こんな時代でも書いている方だと思う。

メールも手書きのお手紙も、
一見すると同じようでいて、
でも何か違うと思うのは、何故だろうか…?

メールでの文字のやり取りばかりで、
いつの間にか本筋からズレてしまったり、
絡まって複雑化してしまったとしても、
直接会って、自分の想いや相手の想いを話せば、
いや、もっと言えば、会っただけで、
相手の表情・発せられる気みたいなモノを
瞬時に感じられたことで、
あんなに文字では伝わらなかったことなどが、
一気に解決してしまう、なんてことは良くある話で…。

文字では伝わりきらない微妙なニュアンス
ってぇのも意外と多かったりして、
更に、その時の気持ちが複雑であればあるほど、
自分の知り得る言葉の中から、
一番近い言葉を使ってはみても、
納得できていないことも、ままあったりして…。

モドカシサが、何故かメールの場合の方が多く、
手書きの場合の方が、より気持ちに近い感じになり、
会えば何だかストレートに伝わるような…

そう思うと、こうしてblogを更新してはいるものの、
どれほどまでに想いや考えが伝わっているのか、
全てのヒトに確認は取れないから、
“伝わっているはず”って前提で、これからも書くし、
友人・知人へメールも出すけれど、
文字で複雑な話を伝えなくてはいけない場合、
きっとこれからも“うぅぅ…”って悶々としながら、
文字を打っていくんだろうな…。

だって既に今、この記事も上手く表現できなくて
モドカシサを感じてるくらいだからね(笑)

ハァー…
文字だけで自分の想いを伝えるって、
難しいものだね。。。
Secret

TrackBackURL
→http://yuukiyoshida.blog10.fc2.com/tb.php/670-97a59c57