氷解

 13, 2013 13:08




今、お部屋にはボサノバの神様、
アントニオ・カルロス・ジョビンが流れてる。

ようやく音楽を聴いてみたいと思えるようになっ。

多分それは…お天気がイイから。

多分それは…昨日まで激マズなパンを食べ終わり、
今朝は美味しい厚切りトーストが食べられたから。

多分それは…歌が唄えない代わりに、
ピアノを弾いてみたから。

それぞれのキッカケは他愛もないことなんだけど、
それらが重なって、やっと聴いてみてもいいかなぁ…
聴いてみたいなぁ~…って気持ちが湧いてきた。

こう見えて、意外と私は怖がり。

音楽を聴く、特にジャズやボサのvocalモノを聴くと、
きっと唄いたい気持ちが募って、
でも今は唄えないから寂しくなって、
せっかく今それなりに毎日
楽しみながら過ごせているのが崩れるのが怖くて、
だから自発的には聴きたくないなぁって思っていた。

でも段々と身体が回復していくにつれ、
フツーに生活する分には動きがスムーズになったことで、
随分と空いた時間が作れるようになってくると、
やっぱり練習したい衝動に駆られ、
先日ふと『ピアノの練習でもしてみようかしら…』
と思い立ち、入院前からは
“いつか買って練習してみたいなぁ”
と思っていた本を即Amazonで購入。

それが画像のヤツね。

ワタクシがプロとして唄い始めた頃からお世話になっている
ピアニストの小谷教夫サンの本。

いざ始めてみると、指が動かない、動かない…(笑)

4小節を20~30回はやったかな?(^_^;)

そんなんだから、なかなか進まないけど、
でもね、終えてからは清々しい気分だったの。

そこからかなぁ~…
音楽聴いてもいいかなって思い始めたのは…。

やっぱりワタクシは音楽をしてないと、
他のことが楽しくても何か空虚感を抱く。

そんなことを改めて感じてる最近の有希です…
















COMMENT 0

WHAT'S NEW?