Music

7/13@関内Bar Bar Bar ライヴ後記 &復活Liveシリーズ後記

皆さん、こんにちは!

さて、お礼が大変遅くなりましたが、
過日行いました関内Bar Bar Barでのライヴへお越し頂いた方々、
本当にありがとうございました!!!

さてさて! 肝心のライヴですが・・・

十数年振りの出演で、1st. は若干緊張して硬かったのですが、
少しずつ自分のペースも掴めてきて、
何とか後悔のないところまでは持っていけたかな?!
といった感じで終えられたので、
まぁ良し!としときます…(笑)

で、キンチョーしてたせいか?
メンバーと写メするの忘れてもぉーたっ!(泣)

ってなこってぇ~、
今回はお客様が撮って下さったお写真を拝借して・・・

インストでは藤澤さんのオリジナルもたっぷり。
個人的には、最後のセットで演奏された
『4:20』ってタイトルの曲が美しくて好きだったかなぁ・・・

今回は、こんな感じの場所、そして衣装でしたぁ~♪
↓  ↓  ↓  ↓
P1000329.jpg

P1000336.jpg

今回のリーダー、ドラムの安藤さんとは、
フェイスブックを通じて毎日とは言いませんが、
マメに更新をされているのもあり、
何となく頻繁に会っているような感覚でしたが、
実際にお会いしてみると、何となくヨソヨソしくなってしまい、
会話もポツポツ、、、

どうやら2人とも人見知りのようですね(笑)

でも、いざ安藤さんのドラムを久々に耳にし、
“あぁ・・・、そうだった、そうだった、こんな感じだったよなぁ”
なんて懐かしい気持ちになったりしながら唄っていました。
↓  ↓  ↓  ↓
P1000334.jpg

ピアノの藤澤さんは、ワタクシが主宰するスクールでも
伴奏を時々お願いしているので、
一番よくお会いしている方ですが、
藤澤さんとも Tenderly で1コーラスをルバート(等間隔ではないテンポ)のデュオで
唄わせて頂きました。
(残念ながら、藤澤さんとのショットはないのです、、、)

ここ数年は生徒のレッスン内で軽くちょこっと唄わせて頂く程度だったので、
マジモード(笑)で唄ってみたら、
やっぱり安藤さんの時と同様に、懐かしさが込み上げてきました。

帰りの車では、今まで知らなかった藤澤さんの新たな一面を知ることができ、
(それはヒ・ミ・ツ!・笑)
月末にも生徒のレッスンで再会しますが、
ちょっとウヒヒのヒな気分で会えそうな気がしています。

はじめましてのベーシスト吉野弘志さんは、
お声がビックリするほど凄く良くて、
言葉の発音がハッキリしているせいか、
アナウンサーとか舞台役者のような、
その上、見た目は学者さんとかお医者さんみたいな、
すごーく知的な雰囲気のステキな方でした。

吉野さんのベース、特に弓で弾かれる時の音色が
美しく、深くて、艶やかで・・・

デュオから始めた `S Wonderful でも、気持ちよく唄わせて頂けました。
↓  ↓  ↓  ↓
P1000341.jpg


この5月から始まった復活Liveシリーズ全4回は、
何とか無事に終えることが出来ました!

回を増す毎に、以前の私では気付けなかった音楽的なことや、
様々なことに関してのコントロール方法など、
この数ヶ月で “音” というモノを通じて、
ミュージシャンとしてだけではなく、
ヒトとしてもあらゆることを学べた気がします。

そして、最初は少し無理を推してライヴを始動させた感はありましたが、
それでも今となっては、それで良かったと心から思っています。

それはひとえに、いらして下さったお客様、
そして、私の復活Liveということで、
ご協力くださったミュージシャンの方々のお陰です。

勿論、このシリーズLiveに各ご事情で残念ながらお越し頂けなかった方々からも、
温かなメッセージの数々を頂戴し、とても力になりました。

皆様、本当にありがとうございました!!!

次回からは、全4回で唄った曲も混ぜつつ、
昔から唄ってきた曲や新しいレパートリーも入れたLiveにしていきますので、
今後のLiveもどうぞお楽しみに!

そして、これからも応援よろしくお願い致します!!!

ちなみに次回はコレ。
↓  ↓  ↓  ↓
完全修正版 海バージョン_convert_20140616203104

お盆中ですが、イベントの1つとして如何っすかぁ~?




















0コメント

コメントの投稿

0トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2カウンター
プロフィール

Yuuki Yoshida

Author:Yuuki Yoshida
♪吉田有希♪

祖父は紫綬褒章、舞踊芸術賞を受賞の藤間秀斉、
父は元ジャズ・ヴォーカリストで、
日本ビクター音産のジャズ部門プロデューサー ビリー吉田の
長女として東京港区に生まれる。

3歳からバレエを18年、5歳からピアノを12年間習う。

高校卒業後、村上京子にジャズ・ヴォーカルを師事。

1993年よりTHE SHINY STOCKINGSへ加入と同時に、
ソロ・ヴォーカルとしてもライヴ活動を開始。

2003年よりVocal School【ZERO】を主宰し、
教育を通じての活動も行いる。
日本音楽指導員認定協会会員。

2005年12月をもって同グループを脱退。

2008年には、ファーストアルバム 【glatitude】 を発売。

しかし翌2009年より体調を崩し、
その後数年間、ライヴ活動を休止。

その間、死の宣告を数回され、
2度の開腹手術を受けるも、奇跡的に回復。

2013年より、主宰する【ZERO】の他、
吉祥寺・三鷹のカルチャースクール
Jazz Timeにて、講師も務める。

2015年5月より約7年間のブランクを経て、
ライヴ活動を再始動。

現在、都内近郊のライヴハウスを中心に、
様々な編成で活動中。

スタンダードジャズや映画音楽を中心に、
ボサノバ ・ ポップス ・ ラテン ・ J-ポップ等、
レパートリーも幅広い。

自然体でソフトなフィーリング、
スモーキーなハスキー・ヴォイスで唄うヴォーカリストである。

♪Official Web Site♪

【主な活動スポット】
上野 『Aries』 ・ 本郷/水道橋 『東京倶楽部』 ・ 大久保 『Boozy Muse』 他
______________________

☆ 2008年10月25日にFirst Album【glatitude】(3,000税込)が発売されました!!!☆

●○● 収録曲 ●○●

1)Nice Work If You Can Get It
2)恋人も濡れる街角
3)But Not For Me
4)One Note Samba
5)Stompin' At The Savoy
6)Sweet Memories
7)Ain't Misbehavin'
8)Old Devil Moon

↑YouTubeで試聴できます!曲名をクリック!


≪サポートメンバー≫

Sound Director/G/Arr/Cho)吉原寛治 Pf/Arr)岩谷泰行 W.Bass)高尾幸宏
E.Bass)山口良夫 Ds)日高弘 Key)清水ゆかり
Cho)吉田夏希

◆◇◆ CDご購入方法 ◆◇◆

※メールにて承ります。

●メールのタイトルに 『CD購入希望』と、お書き添えの上、
お名前/ご郵送先ご住所/ご希望枚数 も併せてご明記いただき、
officezero55@gmail.com までご注文くださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード