未分類

明日14日 退院します!

皆様、おこんばんわ~?

さて前回の記事では、入院前からの出来事を中心に書きましたが、
いよいよ明日退院が決まったので、入院生活を少し振り返ってみます。

入院前々日、病院からお部屋が個室に決まったとの連絡が入り、
いざ当日、入室してビックリ!

思わず『広っ!(;゜0゜)』と口をついてしまったほど。
これが更に驚くことに、無料のお部屋なのです。

今回の病院は前回と違い、非常に明るくてキレイなトコなので、
気分的にはかなりストレスが軽減されたかと思います。

初日は、バタバタとあっという間に終わり、早くも翌日は手術日でした。

当初の予定では、ベッド To ベッドで5時間との話でしたが、
実際には7時間も掛かってしまいました。

今回、9月と10月のLIVEを急遽中止にしてまで手術を急いだのは、
実は腎臓がダメになる、との診断だった為、
さすがのワタクシも危機感を覚え、手術に踏み切ったワケですが、
その他にも問題があり、ある臓器に男性主治医の小指ほどの直径の穴が空いていたのですが、
それが為に腎臓に問題が生じたってワケです。

結果的には、穴は塞ぐことは出来ましたが、
その分、以前よりも臓器が小さくなってしまったので、
それがどのくらいまで復活するかは主治医でも何とも言い切れないと。

つまりは、それの影響が今後どの程度響くのかは分からないのです。

そして、開腹してみたところ、左の腎臓自体、もう殆ど機能しておらず、

また周辺との癒着が酷く、手がつけられなかったとのことで、
そのまま放置せざるを得ないことになりました。

ここまで読まれた方は、うわぁ~大変!と思われたかもしれませんが、
人間の持つパワーというものは、凄まじいものがあると、
今回我ながら身を持って感じています。

まぁ、ここまで全然楽勝!
だなんて、そんな強がりは言うつもりはないのですが、
そもそも今回の手術へ臨むにあたり、
前回までの記事にある通り、LIVEをやったり、
お金出して唄いに行ったり、シークレットLIVEも企画したり…
と、精神的なパワーをフルに充電してきたお陰で、
今のところの出来事は、全て前向きに明るく乗り越えることが出来てます。

そして今回、何より皆さんからの温かいメッセージやコメント等が、
か本当に大きな支えとなりました。

9月に出演予定だった目黒TIME OUTさん、それに共演予定だったギターの吉原寛治サン、
そして10月に出演予定だった上野ARIESさん、共演予定だったピアノの菊池太光サン、ベースの金森もといサン、ドラムの柵木雄斗サン、
皆さんへも大変ご迷惑をお掛けしてしまいましたが、
出来ることなら復帰して、仕切り直しとばかりに、
上記LIVEは実現できたらいいなと、今は思っています。

今回、看護師さん達も驚くほどの回復力で、
実は昨日の時点では、このまま何事も無ければ、週明けに退院…
との話が出たのですが、その時点でも『えっ!こんな状態で?』って感じなくらいだったのに、
今朝の回診で『明日以降なら、いつでも退院…』と言われ、
本当にビックリしました!

でもまぁ、プロが判断して大丈夫って言うなら大丈夫なんだ!
と、これまたポジティブに捉えているうち、
不思議なもので、ドンドン元気になってきて、
夜ゴハン食べたのに、今なんてお腹空いて死にそうっていうね、、、(笑)

何かもう明日にでもLIVE出来るんじゃね?
くらい大丈夫なような気さえしてきています^_^;

いや、実際はベッドから起き上がるだけで下腹部が痛いのでムリですが、、、(笑)

まっ、そのくらい今のワタクシは変な話が元気です!!!\(^o^)/

だから皆さん、心配しないで下さい。

今後はまた食べログ状態の記事が続くかと思いますが、
引き続き、どーじょごひーきにっ!( ´ ▽ ` )ノ

わぁーい!わぁーい!
早く明日にならないかなぁ~…*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*










0コメント

コメントの投稿

0トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2カウンター
プロフィール

Yuuki Yoshida

Author:Yuuki Yoshida
♪吉田有希♪

祖父は紫綬褒章、舞踊芸術賞を受賞の藤間秀斉、
父は元ジャズ・ヴォーカリストで、
日本ビクター音産のジャズ部門プロデューサー ビリー吉田の
長女として東京港区に生まれる。

3歳からバレエを18年、5歳からピアノを12年間習う。

高校卒業後、村上京子にジャズ・ヴォーカルを師事。

1993年よりTHE SHINY STOCKINGSへ加入と同時に、
ソロ・ヴォーカルとしてもライヴ活動を開始。

2003年よりVocal School【ZERO】を主宰し、
教育を通じての活動も行いる。
日本音楽指導員認定協会会員。

2005年12月をもって同グループを脱退。

2008年には、ファーストアルバム 【glatitude】 を発売。

しかし翌2009年より体調を崩し、
その後数年間、ライヴ活動を休止。

その間、死の宣告を数回され、
2度の開腹手術を受けるも、奇跡的に回復。

2013年より、主宰する【ZERO】の他、
吉祥寺・三鷹のカルチャースクール
Jazz Timeにて、講師も務める。

2015年5月より約7年間のブランクを経て、
ライヴ活動を再始動。

現在、都内近郊のライヴハウスを中心に、
様々な編成で活動中。

スタンダードジャズや映画音楽を中心に、
ボサノバ ・ ポップス ・ ラテン ・ J-ポップ等、
レパートリーも幅広い。

自然体でソフトなフィーリング、
スモーキーなハスキー・ヴォイスで唄うヴォーカリストである。

♪Official Web Site♪

【主な活動スポット】
上野 『Aries』 ・ 本郷/水道橋 『東京倶楽部』 ・ 大久保 『Boozy Muse』 他
______________________

☆ 2008年10月25日にFirst Album【glatitude】(3,000税込)が発売されました!!!☆

●○● 収録曲 ●○●

1)Nice Work If You Can Get It
2)恋人も濡れる街角
3)But Not For Me
4)One Note Samba
5)Stompin' At The Savoy
6)Sweet Memories
7)Ain't Misbehavin'
8)Old Devil Moon

↑YouTubeで試聴できます!曲名をクリック!


≪サポートメンバー≫

Sound Director/G/Arr/Cho)吉原寛治 Pf/Arr)岩谷泰行 W.Bass)高尾幸宏
E.Bass)山口良夫 Ds)日高弘 Key)清水ゆかり
Cho)吉田夏希

◆◇◆ CDご購入方法 ◆◇◆

※メールにて承ります。

●メールのタイトルに 『CD購入希望』と、お書き添えの上、
お名前/ご郵送先ご住所/ご希望枚数 も併せてご明記いただき、
officezero55@gmail.com までご注文くださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード