Music

江古田@ポルト LIVE 満員御礼!!!

みなさま、こんばんは。
本日も暑い一日でしたが、
いかがお過ごしで・・・?

さて、昨日は初お昼間&投げ銭Liveを
江古田@ポルトで行いましたが、
お陰様で、大爆発!!!

満員御礼!!!
ありがとうございました!!!

また今回、私からの打診に即答でご快諾いただいた
ポルトのオーナー森さん、そしてギターの須古典明さん、
それからポルトのスタッフのお二方、
お世話になりまして、ありがとうございました!!!

当日の時点では、『行きます!』 のご連絡が9人しか無かったので、
まぁ15人くらい来たらラッキーくらいでいたら、
何と30人以上!
しかも、満員で入店不可だった方が続出!

折角お暑い中をお越し頂きながら、
ご入店できなかった方々、
誠に申し訳ございませんでした・・・

そもそも今回、ナゼこの場所を選んだのか・・・?

7~8年もLiveをしていないと、
当時やり取りしていたお客様の中には、
ご退職されてしまい、個人の連絡先が不明の方も多く、
いざ、これからLiveをしていくには、
当然ながら集客面は付いてまわる問題。

そこで、主宰するスクールがある江古田という町の特徴、
武蔵野音大や日大藝術学部、武蔵大学といった
音楽に限らず、アートに興味がある人たちが多くいる町であること。

JazzやBossa Nova等に、
何となくでも興味なり親しんでいる人たちがいる空間はドコだろう・・・?
と考えた結果・・・
そういった音楽をBGMにしているカフェだな!と思ったのです。

じゃ~江古田のLive Houseにしたらいいんじゃない?
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
今のLive Houseは、江古田に限った話ではなく、
何処のお店も、そこについているお客様は極少数で、
出演者、特にリーダーが集客する、
というのが殆ど。

昔は会社のお金が使えたのもあり、
例えばJazz好きな上司が、
大して興味がない(であろう・・・笑)新入社員を連れて、
3~4人とか5~6人で来る、
な~んて団体さんが幾つもあった時代もありましたが、
今は私のお客様で、しかもお一人の方が多く、
Live Houseで新しいお客さんを待っていても、
初めましての方々と知り合える確率は非常に低い。

そこへもって、今の私の状況を考えれば、、、

なので、まずはそこに来ている方々に、私の音楽を知ってもらい、
江古田という、いわゆるマイナーな地である場所にいる方なら、
もしも私の音楽をお気に召して頂ければ、
都内または埼玉辺りまでのLive Houseへも
いらして頂けるのではないか・・・?

もっと言えば、草の根的ではあるけれど、
私をキッカケに、
Jazzファンを増やしていくことに繋がっていくのではないか・・・?

そこで、前々から評判になっていた
喫茶店ポルトへ、まずはお客さんとして店内リサーチ。

基本的に直感で生きているニンゲンなので(笑)
入店して即、
『あっ、ココでLiveやりたい!』 と思い、
昨日を迎えたってぇ~ワケです。

昨日はワタクシの生徒や元生徒さん達、
それから久しぶりのお客様、
そしてお店にあったワタクシのLiveハガキを見て興味を抱き、
いらして下さった初めましての方々、
とにかく沢山いらして頂き、感謝感激でござぁ~ます!

生徒達は『こんなトコあったんですねぇ~』
と言っていたので、
恐らくは今後レッスン帰りに寄るヒト達もいるだろうし、
ワタクシもそうやってお店へお返し出来たら嬉しく思っています。

今回、個人的には、
いわゆるLive Houseのような機材環境の下で唄うわけではなく、
ギターアンプにマイクを突っ込んで、
つまりはギターアンプであり、スピーカーであり、モニターでもある
という小さなアンプを頼りに唄ったのが初めてだったので
当日も物凄く不安だったのですが、
案ずるより産むが易し!

サウンドチェックで一声出したら
“ あらっ、唄いやすい! じぇんじぇん平気! ”
と、一気に安心感が・・・。

ただね、皆さまのご期待を裏切らないボケボケ有希、
今回もやらかしました。。。

今まで一度もそんな間違えをしたことが無かったのに、
何とあろうことか、
もう10年くらい使っていない、十代の頃に使っていたマイクを持って行ってしまい、
おーまいがーっ!!!

でも、ダイジョブそうだったんで、今回はそのまま使用。
やっぱりボケとりました。。。

そ~んな昨日のLiveの模様はコツラ・・・

江古田ポルトLIVE模様その1

江古田ポルトLIVE模様その2

次回この場所で須古さんとのLiveは未定ですが、
出来れば8月か9月に出来たらいいなぁ~

では、今回のセットリストをば・・・
今回は、お日和もあってボサノバ多めの選曲にしました。


■ SET LIST ■

<1st.>
1.The Days of Wine and Roses (guitar solo)
2.Goody Goody
3.So Danco Samba
4.Wave
5.Softly As In A Morning Sunrise
6.So Nice (Summer Samba)
7.Theme From Mahogany
8.One Note Samba

<2nd.>
1.夏の思い出 (guitar solo)
2.You Are The Sunshine Of My Life (4beat version)
3.No More Blues
4.The Girl From Ipanema 
5.You Took Advantage Of Me
6.Like A Lover
7.It's All Right With Me (samba version)
encore
Last Night When We Were Young


では最後に、来月のLive告知をば・・・

2015年6月12日@関内よいどれ伯爵_convert_20150404234338

もいっちょ!

新TimeOut_convert_20150317055710

さぁ~て、また明日から練習がんばるぞーっ!!!
ちゃお。







0コメント

コメントの投稿

0トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2カウンター
プロフィール

Yuuki Yoshida

Author:Yuuki Yoshida
♪吉田有希♪

祖父は紫綬褒章、舞踊芸術賞を受賞の藤間秀斉、
父は元ジャズ・ヴォーカリストで、
日本ビクター音産のジャズ部門プロデューサー ビリー吉田の
長女として東京港区に生まれる。

3歳からバレエを18年、5歳からピアノを12年間習う。

高校卒業後、村上京子にジャズ・ヴォーカルを師事。

1993年よりTHE SHINY STOCKINGSへ加入と同時に、
ソロ・ヴォーカルとしてもライヴ活動を開始。

2003年よりVocal School【ZERO】を主宰し、
教育を通じての活動も行いる。
日本音楽指導員認定協会会員。

2005年12月をもって同グループを脱退。

2008年には、ファーストアルバム 【glatitude】 を発売。

しかし翌2009年より体調を崩し、
その後数年間、ライヴ活動を休止。

その間、死の宣告を数回され、
2度の開腹手術を受けるも、奇跡的に回復。

2013年より、主宰する【ZERO】の他、
吉祥寺・三鷹のカルチャースクール
Jazz Timeにて、講師も務める。

2015年5月より約7年間のブランクを経て、
ライヴ活動を再始動。

現在、都内近郊のライヴハウスを中心に、
様々な編成で活動中。

スタンダードジャズや映画音楽を中心に、
ボサノバ ・ ポップス ・ ラテン ・ J-ポップ等、
レパートリーも幅広い。

自然体でソフトなフィーリング、
スモーキーなハスキー・ヴォイスで唄うヴォーカリストである。

♪Official Web Site♪

【主な活動スポット】
上野 『Aries』 ・ 本郷/水道橋 『東京倶楽部』 ・ 大久保 『Boozy Muse』 他
______________________

☆ 2008年10月25日にFirst Album【glatitude】(3,000税込)が発売されました!!!☆

●○● 収録曲 ●○●

1)Nice Work If You Can Get It
2)恋人も濡れる街角
3)But Not For Me
4)One Note Samba
5)Stompin' At The Savoy
6)Sweet Memories
7)Ain't Misbehavin'
8)Old Devil Moon

↑YouTubeで試聴できます!曲名をクリック!


≪サポートメンバー≫

Sound Director/G/Arr/Cho)吉原寛治 Pf/Arr)岩谷泰行 W.Bass)高尾幸宏
E.Bass)山口良夫 Ds)日高弘 Key)清水ゆかり
Cho)吉田夏希

◆◇◆ CDご購入方法 ◆◇◆

※メールにて承ります。

●メールのタイトルに 『CD購入希望』と、お書き添えの上、
お名前/ご郵送先ご住所/ご希望枚数 も併せてご明記いただき、
officezero55@gmail.com までご注文くださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード